赤ちゃんと楽しむおはなし会

水巻町図書館では毎月第2水曜日に「赤ちゃんと楽しむおはなし会」を行っています。毎回、たくさんの赤ちゃんが遊びに来てくれています。

7月10日は、夏らしい絵本やわらべうた、柔らかい布を使って遊びました。

布遊びでは握って広げる「にぎりぱっちり」、大きく広げて上下させる「大風こい」をしました。少し大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんもいましたが、みんな楽しんでくれました。

赤ちゃんのおはなし会では、絵本の読み聞かせだけでなく、こういった遊びも取り入れて赤ちゃんとのスキンシップを楽しみます。

IMG_0005-resize

児童コーナーお話のお家で待ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月の「赤ちゃんと楽しむおはなし会」は8月14日(水)です。

9月1日から12月2日まで施設改修工事で長期休館となる為、休館前最後のおはなし会となります。

是非、気軽にご参加ください。(スタッフT)

工作会でまほうのカードを作りました

 

梅雨の晴れ間の土曜日、図書館で工作会がありました。

この日は、マジックスクリーンという手法で、色がパッと変わる不思議なカードを作りましたよ。

30組余りのご家族や、小学生のお友だちも集まってくれました。席は60近く準備しましたが、ほぼいっぱいになりました。

最初に、マジックスクリーンで作った鳥の絵を使って、日本の昔話「ふくろうのそめものや」のおはなしをしました。しきりの白画用紙を抜くと、鳥の絵があっという間に彩色されて、きれいな色に変わります。さあ、このやり方で、さっそくまほうのカードを作りましょう!

IMG_0909

しっかり作り方を聞いて作りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕切り板の取っ手にのり付けをし、下絵に色鉛筆でしっかり色を塗ります。

完成したら、色塗りをしたカードとプラパンの透明な板の間に、仕切り板をはさんで封筒にセットすれば完成です!

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。(スタッフN)

IMG_0935

しきりを抜いたら、一瞬で色付きに!

男女共同参画関連資料の展示

このところ、九州北部の梅雨入りがいつなのか、気をもむ年が続いていますが、この時期には、「男女共同参画週間」があります。

この週間の始まる前日、なんとか例年のように展示架を整えることができました。

基本法ができた1999年から、今年は、ちょうど20年。この間、様々な議論を経て、女性の社会参加は徐々に進んできていますが、指導的地位に占める割合は、決して大きいとは言えず、これからも多くの人と一緒に取り組んでいかなければならない課題です。

男女共同参画週間は29日までですが、しばらく展示は続けます。(職員K)

 

 

 

男女共同参画に関する図書を集めています

男女共同参画に関する図書を集めています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日を楽しむ絵本

図書館のあじさいがきれいに色づきはじめました。時々雨が降るものの、梅雨入りは遅れていますね。

今月の展示架2は、梅雨のこの時季、雨の日を楽しむ絵本を集めています。外に出られない日は、図書館で雨の絵本を楽しんではいかがですか?

IMG_0053-resize

「雨」にまつわるお話はいかがですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3~4歳くらいの、短いおはなしが楽しめるようになってきたお子さんにおすすめしたい絵本として、『かばくんのふね』(岸田衿子/さく 中谷千代子/え 福音館書店)をご紹介します。

 

IMG_0853-resize

「かばくんのふね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物園に雨が降りだし、水があふれてしまいます。

 

「のせてくれ かばくん」 かんがるーが かんがるーのこを つれてきた

「のせてくれ かばくん」 きりんは きりんのこを つれてきた

 

かばくんは動物の子どもたちを背中にのせてあげます。かばくんのふねですね。雨がやむまで、子どもたちはかばくんのふねで楽しい時間を過ごします。

声に出して読むと、リズムのよい繰り返しの言葉が、耳にとても気持ちよく響きます。ぜひ、しっとり雨の降る日に、お子さんとお家で楽しんで読んでくださいね。

たくさんの子どもたちが、楽しい本、人生を豊かにしてくれる本に出会えることを、心から祈ります。(スタッフN)

やなせたかし生誕100周年

新しい元号に変わってひと月がたちました。平成から令和へと変わっていくあわただしさもようやく落ち着いてきたのではないでしょうか。

令和元年は、やなせたかしさんが生まれて100年の節目の年にあたります。そこで、6・7月の展示架は、「やなせたかし生誕100周年」をテーマにしてみました。

IMG_0847

アンパンマン以外の作品もたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代アンパンマンは、1969年に童話『十二の真珠』の一話「アンパンマン」に登場しました。大人向けに描いた作品で、小太りのオジサンがおなかをすかせた子どもに自分で焼いたパンを配るはなしです。それは、やなせさんの戦争のつらい体験を元にして描かれ、戦うことよりも戦いの被害で苦しむ人々に目は向けられています。

それから50年、現在のアンパンマンは「正義のヒーロー・アンパンマン」と誰もが知っているヒーローになりました。ヒーローと言っても悪を倒すのではなく、困っている人がいないかパトロールすることが任務のヒーローです。隣人愛・自己犠牲の精神で描かれているアンパンマンはみんなの人気者になりました。

絵筆の代わりに銃を持って戦場に行ったやなせたかしさん。戦争という暗い時代が青春だったやなせさんは晩年“いまが青春”と精力的に本を書かれました。今回は絵本だけでなくエッセイ、詩集、詩画集、被災者に向けたメッセージの本など幅広く集めてみましたので大人の方も手に取っていただければと思います。(スタッフH)

図書館でビンゴ、終了!!

こどもの読書週間イベント、図書館でビンゴが先月5月30日で終わりました。

たくさんのご参加ありがとうございました!

 

ビンゴ2列達成者は、なんと100人を超えました。

記念すべき100人目は、北九州市内の小学1年生の女の子でした。プレゼントのオリジナルカレンダーを手に、記念写真におさまってくれましたよ。

 

また、オールビンゴ達成者は21人でした。

オリジナルブックカバーを活用して、たくさん本を読んでくださいね。

 

また来年、開催する…かも?

その時はまた参加していただけると嬉しいです。(スタッフT)

IMG_0050-resize

使ってください。便利なオリジナルカレンダー!

「図書館でビンゴ」達成できました!

こどもの読書週間イベント、「図書館でビンゴ」の一番のりは、猪熊小学校のなかよし姉妹でした。3年生と4年生の姉妹です。二種類のブックカバーを手に、記念写真におさまってくれましたよ。

長い連休もあと少しです。外遊びも、家での読書も、いっぱい楽しんでくださいね。

たくさんの本とともに、図書館でお待ちしています。(スタッフN)

IMG_0017-resize

達成おめでとう!!

絵本とわらべうたのおはなし会

IMG_0118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもの読書週間が始まりました。4月28日は、絵本とわらべうたのおはなし会をしました。くまさん人形でごあいさつの後、「まるくておいしいよ」「ねずみさんのながいパン」の絵本を読みました。おうちの人といっしょにおはなしを聞く子どもたちが、とてもいい笑顔です。「おおきなかぶ」の大型絵本では、みんな大きな声で「うんとこしょ どっこいしょ」とかけ声をかけました。大きな大きなかぶがぬけました!

「こねずみとえんぴつ」は、絵を描きながらのおはなしです。「おおきなかぶ」も「こねずみとえんぴつ」も、昔から読み継がれている本です。これらの本は、幼い子の心にぴったり添い、古びることがありません。本当に不思議です。

さて、絵本とおはなしの後はわらべうた。「おさらにおはしにぼたもちだんご」の手遊びをして、「ぎっこんばっこんよいしょぶね」と歌いながら、親子で舟こぎ。もう大きくなった男の子も、おとうさんと舟こぎ遊び。赤ちゃんの時以来でしょうか。

それからみんなで輪になって、「ひらいたひらいた」「どんどんばしわたれ」を楽しみました。わらべうたは、おとなも子どもも楽しめます。ふだんの子どもの遊びのなかに、こうしたわらべうたが自然に流れるといいなと思います。

次のスタッフおはなし会は、5月26日です。その日はもう、令和の時代ですね。新しい時代になっても読み継がれるたくさんの絵本とともに、図書館でお待ちしています。(スタッフN)

4月23日はサン・ジョルディの日

「サンジョルディの日」をご存じですか。1995年パリで開催されたユネスコ総会において「世界本の日」とされた4月23日が、伝説の騎士サン・ジョルディの名にちなんで広まったものです。4月23日はスペイン・カタルーニャ地方の伝説の騎士サン・ジョルディが、王女を救うために殉教した日で、いつしかこの日に本と花を贈りあって愛する気持ちを伝え合うようになったそうです。

また、日本では、4月23日は子ども読書の日です。水巻町図書館でも毎年この時期に、子どもの読書に関した取り組みを行っています。

今年は、水巻町図書館司書が選んだおすすめ絵本リストに、新しい絵本が加わりました。最初に選定した絵本に、近年出版された絵本など40冊ほどを新しく選定して追加しました。これらの絵本を、展示架でご紹介しています。

IMG_0009

新たに加わった絵本をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、すべての幼い子どもの心に届けたいという思いで、美しい絵と磨かれた言葉にあふれた絵本を選びました。ぜひこれらの絵本を介して、子どもさんと読書体験を共有なさってください。

その他に、「図書館でビンゴ!」イベントを4月23日から実施します。

 

IMG_0106-resize

スタンプ集めて、ビンゴになると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルグッズをプレゼント!

オリジナルグッズをプレゼント!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、子どもが自分のカードで図書館の本を借りたとき、1日3つのスタンプをカードにためて、ビンゴを達成したらささやかなプレゼントをあげますよ、という取り組みです。詳しい方法やビンゴカードはカウンターにありますので、お問い合わせください。

これらの取り組みを通して、子どもが読書の階段を自分でのぼっていく力をつけ、その子の人生に読書というすばらしい世界を広げてもらえたらと、スタッフ一同心から祈っています。家族で本を通して会話を楽しみ、愛情を伝えあう時間は、人生の宝物ともいえるのではないでしょうか。その時間をぜひ大切に味わってください。

たくさんの本とともに、図書館でお待ちしています。(スタッフN)

工作会 「飛ばして遊ぼう 紙コップ!」

桜の花が一気に開き始めた3月30日、今年度最後(そして平成最後)の工作会を行いました。

今回のテーマは「飛ばして遊ぼう 紙コップ!」。紙コップと輪ゴムを使って、カエルやウサギ、ロケットなど、思い思いのおもちゃを作りました。

ウサギやカエルの下絵、ロケットの翼など、自由に使える材料は用意しましたが、子どもたちは更に色を塗ったり、絵を描いたり、いろ紙を切って貼ったり・・・。

 

IMG_0122-resize

オリジナルロケット作成中です。

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの自由な発想で個性あふれる作品が次々に出来上がり、図書館スタッフもびっくり!子どもたちの柔軟なアイディアや工夫に、自分の頭の固さを思い知らされました(笑)。

最後にいっせいに自分たちの作品を飛ばし、すてきな作品たちが宙を舞いました。

 

IMG_0124-resize

ロケット、発射!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加してくれたたくさんの子どもたち、そして子どもたちの熱意を支えてくださった保護者の方々、ありがとうございました!