いよいよクリスマス&お正月モードへ

 

 11月も早くも半ば。気温もぐっと低くなり、日常生活でも冬服の準備やストーブを出し始める頃ではないでしょうか。

 

 さて、図書館にも、冬にぴったりな本のコーナーができました。

まず1つ目は、児童架にあるクリスマスコーナーです。

クリスマスコーナー (2)

誰かにプレゼントしたくなる本が見つかるかも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 236冊揃えたクリスマスの本の中から、今回はオススメの本を2冊ご紹介します。

 

ちびうさ203-resize

「ちびうさクリスマス!」 ハリー・ホース/作 千葉 茂樹/訳 光村教育図書/出版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンタさんに、赤いソリをお願いしたちびうさ。お願いどおり、赤いソリをもらうことができ、早速、遊びに出かけます。果たして友達と仲良く遊ぶことができるのでしょうか? わがままできまぐれ、だけど憎めないちびうさのお話です。

 

まどから204-resize

「まどから☆おくりもの」 五味 太郎/作・絵 偕成社/出版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリスマスにプレゼントを届けに行くサンタさん。この家には誰が住んでいるのかな?誰のお家か、窓からしか分かりません…。この本は、家の窓が切り抜かれているしかけ本になっています。窓の中が気になって、ワクワクしながら、次のページをめくれます。

 

 次に紹介するのは、新刊案内のお隣に設けた年賀状コーナーです。

 

正月コーナー

年賀状や手紙に関する書籍が68冊!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらでもおススメの本を紹介します。

季節のはがき

手作りで自己表現!季節のはがき  角川SSコミュニケーションズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 消しゴムはんこや切り絵など、年賀状や手紙を少しオシャレにできる技法が掲載されています。中でも、鶴の消しゴムはんこと水性ペンで書いた竹が描かれた作品は、とても見栄えがよいデザインだと思いました。

今年の年賀状は、いつもとは違う一工夫を入れてみませんか?

 その他にも、干支のデザイン集やパソコンでの年賀状の作り方、また、オリジナルスタンプの作り方等紹介した本を幅広く取り揃えています。

 

今年も残すところ後、2か月を切りました。

まだまだ、新型コロナウイルスの影響が続きそうですが、お体に気を付けて、今年の冬をお過ごしください。(職員F)

 

赤ちゃん絵本相談室 始めました

水巻町図書館では、11月から赤ちゃん絵本の相談室を始めました。

コロナウイルス対策のために実施できない「赤ちゃんと楽しむおはなし会」にかわるものです。

 

どんなふうに読めばいいの?赤ちゃんはどんな絵本を喜ぶの?といった疑問に、

実演をまじえながらスタッフがお答えします。

 

赤ちゃんは、5,6カ月頃から認知が始まり、身近な人に語りかけられることをとても喜びます。わらべうたや絵本で、赤ちゃんにいっぱい語りかけてあげましょう。

図書館のスタッフは、そのためのお手伝いをぜひしたいと思っています。

 

 

 

「よ・だ・れ」 小風さち/文 及川賢治/絵 福音館書店

「よ・だ・れ」 小風さち/文 及川賢治/絵 福音館書店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あーちゃんはよだれがいっぱいでます。

ぶくぶく ぶう」

わらっても ないても 「やややーん よよよーん」

 

 

この絵本は、大きく赤ちゃんの顔が描かれ、1ページにひとつの事象という、赤ちゃん絵本の要件をみたしています。

オノマトペでやさしい語感の言葉。笑っても泣いてもよだれがあふれる赤ちゃんを見て、そうそう、赤ちゃんって、そういうもの、と、子育ての経験のある人ならほほえましく読むことができます。

そして、絵本の最後。あーちゃんがよだれをいっぱい出していたのには、とっても大切な理由があったのです!

 

赤ちゃんの成長と笑顔は、何よりも幸せのタネですね。

毎月第2水曜日11時から、おおむね30分程度の予定で行います。

なお、コロナ禍やインフルエンザ流行の折り、赤ちゃんの安全を考慮し、事前申込みとし、親子で3組までの参加とさせていただきます。

12月は、9日(水曜日)に開催予定です。

参加のご希望は、図書館のカウンター、若しくはお電話にてお伝えください。

感染症への対策をして、視聴覚ホールで、みなさまをお待ちしています。

 

(スタッフY・N)

 

旅する本棚

気が付けば日中もだいぶ涼しくなってきて、外では金木犀のいい香りがしてくる季節になりました。

本来ならまさに行楽のベストシーズンですが、今年はまだ自粛…と考える方もいらっしゃるのではないかと思います。

今月の水巻町図書館の展示は、「旅する本棚」と銘打って、古今東西様々な「旅」をテーマにした本を集めてみました。実際に遠くへ出かけるのは難しいかもしれませんが、本の中でなら世界中どこへだって行ってみることができます。

読書の秋、そしてステイホームの秋の夜長のお供に一冊いかがでしょうか。

旅する本棚

“旅”のガイドは図書館がつとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども向けの本から、小説や写真集はもちろん、ちょっとマニアックなものまで色々な本がそろっていますよ。棚にあるとなかなか出会えない運命の一冊が見つかるかも?(スタッフE.N)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

距離を保って、play in English!

9月も後半になり、日中の暑さはまだまだですが、日によっては、ずいぶん過ごしやすくなってきました。

919日(土)は、「タミー先生と英語で遊ぼう!」が開催されました。

新型コロナウイルス感染対策として、入場前に検温を行い、ソーシャルディスタンスを保つため、参加者を6組に限定しての開催となりました。

 

IMG_0028-resize

How is the weather today?(今日の天気は?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天候を尋ねられた参加者は、sunny() cloudy() rainy()と書かれた紙を指をさしながら、答えていきます。

他にも距離を保ちながら、近くの方と天気について質問をやり取りしていました。

新型コロナウイルス感染防止のため、大きな声で話はできませんでしたが、軽く体を動かしつつ、タミー先生に続いて発音をすることで積極的に「英語の遊び」ができたのではないでしょうか。

次回の「タミー先生と英語で遊ぼう!」は、来月1017日(土)の1320分から開催予定です。

その際も入場前に検温させていただき、6組限定ですので、予めご了承ください。(職員F)

もしも…に備える

 

近年、大雨などによる災害が増えてきています。

どこか他人事のようにも思えてしまいますが、明日は我が身かもしれません。

いざという時に慌てないためにも普段からの備えが大切です。

 

今月の展示架では、そんな「もしも」の時のために役立つ本を集めています。

展示1

万が一に備え、何をすれば…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常食や防災グッズ、車中泊などの身近なことから防災マップ作りの本まで幅広く揃えました。

気軽に読めるものも多いので、この機会にお手に取られてみてください。

 

また、水巻町の防災マップの一部を掲示しています。

各家庭に配布されているかと思いますので、自分はどこに避難したらいいのか、何を準備したらいいのか・・・今一度、確認をしておかれるといいかと思います。

 

自分や家族の命を守るために、出来ることから始めてみませんか?(スタッフT)

会いたいあの人に贈りたい絵本

大切な人にもう長い間会えないでいる…今、そんなもどかしい気持ちをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

水巻町図書館、今月からの児童架展示テーマは、「会えないあの人に贈りたい絵本」です。

展示2.0

会えない人に贈りたい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「会いたい気持ち」や「希望」「つながっているよ」そんなキーワードで絵本を集めました。そのなかでおすすめの絵本を1冊ご紹介します。

ヒワとゾウガメ091-resize

『ヒワとゾウガメ』                         安東みきえ/さく ミロコマチコ/え  佼成出版社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ヒワとゾウガメ』 安東みきえ/さく、ミロコマチコ/え、佼成出版社 です。

主人公はもうずいぶん長く生きているゾウガメと、おしゃべりな一羽のヒワ。

ヒワは、ゾウガメの甲羅の上に乗って「あたしたちともだちだから いつもいっしょだよ」といいます。けれどもゾウガメは、「仲良くなった小鳥はみんないなくなってしまった。いつか自分をおいていなくなってしまうのなら、ともだちになどならないほうがいい…。」と、ヒワの気持ちをうっとうしくさえ思っていました。

ある日ゾウガメは、ヒワから海のむこうにいるゾウという生きものの話を聞きます。自分の仲間かもしれないと胸をおどらせるゾウガメ。そんなゾウガメのために、ヒワはゾウをさがしてくるといって、海の向こうへ飛び立ち、そのまま何日ももどって来なくて…。

担当の編集さんは、安東みきえさんの原作文を読んで、ミロコマチコさんの描く大胆で繊細なカメの絵をすぐ思い浮かべ、この顔ぶれの絵本ができあがったそうです。帰ってこないヒワを待つゾウガメの暗い気持ちを描くページ、太陽ののぼる海のかなたに小さくヒワの姿を見つけて必死で駆けるゾウガメを描くページ。ミロコマチコさんの画力が、ゾウガメとヒワの友情を描き出して圧巻です。

大切なひとやものの存在に気づかせてくれる絵本です。ぜひ、手にとられてみてください。(スタッフY・N)

久しぶりの絵本ミュージカル

8月に入りました。梅雨も終わり、いよいよ本格的な夏の気候になりそうです。

さて、7月の図書館では、絵本ミュージカルが2回開催されました。演者との距離や観客席の間隔、会場の換気など、コロナウイルス対策に十分配慮しながらの開催となりましたが、山田さんの弾き語りに子どもたちが聞き入る姿が見られ、久しぶりに館内に楽しい雰囲気が戻ってきたようでした。

 

IMG_1243

アクリル板とフェイスガードが残念ですが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵本ミュージカルは8月にも8日と29日の2回開催される予定です。どちらも午前11時から視聴覚ホールで開催されます。(職員F)

 

 

 

この時期だからこそ、読書の楽しみを。

夏が近づくころ、恒例の展示架です

夏が近づくころ、恒例の展示架です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨のジメジメした湿気でマスクがつらい季節になりましたね。

年明けから長いコロナウィルスとの闘いも、これから暑くなることを考えると憂鬱になります。

そんななか、今年も青少年読書感想文全国コンクールの課題図書が発表されました。

図書館では7月1日より展示2コーナーにて本年度の小学生課題図書を展示しています。

物語の本をはじめとして、環境問題、平和について考える本、伝記などバラエティ豊かに幅広い内容の本が揃っています。読書感想文に向けて読んでみるだけでなく、ぜひ夏の学びや楽しむための読書として、手に取ってみてください。

例年、課題図書は1週間の貸し出しになるのですが、今年は通常の2週間の貸出のままですので、ぜひ、この時期にご利用ください。

 

IMG_0003-resize

いろんなジャンルの本がそろっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今年で日本は戦後75年を迎えます。

1945年。8月6日、9日、15日。

この日、この時、何があったのか。多くの人に知ってもらいたい…。

平和の願いを込めて、戦争と平和について考える本を集めました。

E7の棚の平和を考える本・紙芝居とあわせて、この機会に親子で一緒に考えてみませんか。

 

IMG_0004-resize

親子で読みやすい本を集めました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年この時期、児童コーナーに七夕の笹を設置して、図書館に来た皆さんに短冊を書いてもらっているのですが

今年は、残念ながらありません。

来年からは、気兼ねなく七夕のお願いごとができますように…☆彡(スタッフM)

追悼 絵本作家・田畑精一さん

絵本作家の田畑精一さんがお亡くなりになりました。89歳でした。

田畑精一さんは多くの作品を残していますが、中でも「おしいれのぼうけん」や「さっちゃんのまほうのて」は、大人にとっても懐かしいロングセラーとなっています。ねずみばあさんにドキドキしたり、さっちゃんやおかあさんの気持ちに寄り添ったりした経験のある人は多いのではないでしょうか?

IMG_0006-02

 

 

 

 他にも「ダンプえんちょうやっつけた」「ひ・み・つ」「くれよんさんのけんか(紙芝居)」等々、作品は数えたらきりがありません。田畑精一さんの絵には、その優しく温かい人柄があふれています。また、反戦活動にも力を注ぎ、平和絵本「さくら」も残しました。

子どもたちのために様々な作品を残して下さった田畑精一さん。本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

 

水巻町図書館にも田畑精一さんの絵本がたくさんあります。今はお休みしていますが、図書館の中に入れるようになったら、また見に来てくださいね。(スタッフH)

つながる読書 『希望の図書館』

 

ウィルスと共存する新しい日々が始まろうとしています。子どもたち(もちろん大人もですが)に、読んで心が動くような本を紹介できるのを楽しみにしています。

 

今回ご紹介するのは、リサ・クライン・ランサム作の『希望の図書館』です。高学年から中学生向けの児童書です。

『希望の図書館』                            リサ・クライン・サンサム 作   松浦直美 訳    ポプラ社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、装丁がとても美しいです。装画を手掛けているのは酒井駒子さん。10歳くらいに見える黒人の少年が、本を手に持ち、遠いところを見つめています。からだつきはきゃしゃですが、目には強い意思の光があります。字は大きめで行間もゆったりしているので読みやすいです。

 

1946年のアメリカ。主人公のラングストンは、最愛の母を病気で亡くし、父とふたりでアメリカ北部の街シカゴへやってきます。

母の愛情と豊かな自然に囲まれていたアラバマでの生活が、一転してきゅうくつなアパート暮らしへ。友だちもなく、居場所のないラングストンは、ある日の帰り道、 〈シカゴ公共図書館〉と書いてある建物に出会います。入るのをためらっているラングストンに、「ご案内しましょうか?」と声をかける司書の女性。

 

「読んでもいいんですか?」僕の声は女の子みたいに裏がえっていた。

「どれでも好きな本を、借りられますよ」と、女の人はやさしくいった。

…「どれでも好きな本」ぼくは、だれにいうともなくささやいて、棚から何冊か本を取り出し、テーブルについた。

 

図書館に通うようになり、ラングストンの孤独な時間は、読書する喜びの時間に変わって行きます。自分と同じ名前の、ラングストン・ヒューズという詩人を知ります。そして、詩を読む喜びとともに、自分の名前にこめられた、亡き母の深い愛情を知ることになるのです。

 

図書館には、ラングストン・ヒューズの詩集もあります。また、ラングストン・ヒューズの詩にE・B・ルイスさんが絵を描いた、『川のうた』という絵本もあります。

IMG_0009

『ラングストン・ヒューズ詩集』 木島始訳 思潮社                      『川のうた』 E・B・ルイス絵 さくまゆみこ訳       光村出版図書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『希望の図書館』というタイトルは、内容にぴったりの訳だと思いました。ラングストンは、図書館で読書することを知り、自分の人生を切り拓いていきます。多様で豊かな世界を知ります。読書はつながっていく。図書館は希望を生み出す場所。おすすめの1冊です。 (スタッフYN)