「非核」を読み継ぐ夏

酷暑の中で、戦禍によって失われた命に祈りを寄せる季節になりました。

水巻町図書館では、毎年この時期に戦争という悲しい記憶を胸に留めるため、戦争関連の資料を集めた展示架を設置していますが、今年は「非核を読み継ぐ」というテーマで本を集めてみました。

「非核を読み継ぐ」をテーマに本を集めてみました。

「非核を読み継ぐ」をテーマに本を集めてみました。

 

アメリカのオバマ大統領が5月に原爆資料館を訪問された際、被爆10年後に白血病で亡くなった佐々木禎子さん(当時12歳)が回復を願って折った折り鶴の展示を熱心に見た後、自作の折り鶴を寄贈されました。

佐々木禎子さんに関連する新聞記事なども合わせてご覧ください。

佐々木禎子さんに関連する新聞記事なども合わせてご覧ください。

この佐々木禎子さんについて書かれた本をはじめ、「核」のない世界を願って刊行され、読み継がれてきた本を集めています。

 

「核」のない平和な世界を、次の世代の子どもたちに託していきたいですね。(スタッフN)