「親子で楽しもう!冬の星空観望会」を開催しました。

昨日7日(土)の閉館後、18時30分より、福岡教育大学の理学博士、金光 理先生をお招きして、「親子で楽しもう!冬の星空観望会」を開催しました。

展示架のご案内したブログの中にもありましたように、冬は、他の季節より空気が澄んでいて、明るい星が多いということから、このイベントを企画したのですが、この日は、厚い雲が広がり、今にも雨が降り出しそうなお天気。残念ながら、天体望遠鏡を使った屋外での観測は中止となりました。

そのかわり、当館視聴覚ホールにおいて、金光先生の楽しい星のお話や、星座早見盤を作る工作、簡易的なプラネタリウムの鑑賞など、盛りだくさんの内容となりました。

 

本日の講師の金光 理先生です。 先生は、日本の天文学会をけん引する研究者ひとりで、 現在は、福岡教育大学で次代を担う若い教育者の 育成に努めておられます。

本日の講師の金光理 先生です。
先生は、日本の天文学会をけん引する研究者ひとりで、
現在は、福岡教育大学で次代を担う若い教育者の
育成に努めておられます。

 

 

まずは、天体望遠鏡の説明と、冬に見られる星や星座などを とてもわかりやすく説明していただきました。

まずは、天体望遠鏡の説明と、冬に見られる星や星座などを
とてもわかりやすく説明していただきました。

 

 

続いて、来場した皆さんに実際の天体望遠鏡を使って 館内奥に設置した土星の模型を見てもらいました。 チビッ子たちは大喜びでした。

続いて、来場した皆さんに実際の天体望遠鏡を使って
館内奥に設置した土星の模型を見てもらいました。
チビッ子たちは大喜びでした。

 

 

その後、星座早見盤を皆さんに作ってもらいました。 私も小学生のときに作ったことがあり、懐かしかったです。

その後、星座早見盤を皆さんに作ってもらいました。
私も小学生のときに作ったことがあり、懐かしかったです。

 

 

他にもプラネタリウムの投影など、屋外での観測はできなかったものの、来場した皆さんにとって、大満足のイベントとなりました。金光先生、ありがとうございました。

金光先生のご都合が合えば、次回は、木星をターゲットとした観望会を開催したいと思います。

次回は天候に恵まれますように。(館長 古川)