「こどもの読書週間」家読の階段をのぼりましょう!

4月23日から5月12日は、「こどもの読書週間」です。今年のテーマは、「小さな本の大きなせかい」です。水巻町図書館では、期間中おすすめの児童書をカウンター横の展示架に並べています。赤ちゃんから小学校高学年まで、様々な年齢の子どもに読んでほしい本を階段状に展示し、子どもたちの成長に合わせた「家読の階段」を作っています。

 

4月の展示架は、「楽しく登ろう、家読の階段」です。

4月の展示架テーマは、「楽しくのぼろう 家読の階段」です。

 

 

赤ちゃんから小学校高学年まで、様々な年齢の子どもたちに 読んでほしい本を階段状に展示してみました。

赤ちゃんから小学校高学年まで、様々な年齢の子どもたちに
読んでほしい本を階段状に展示してみました。

 

 

水巻町が作成したおすすめ絵本リストの絵本も展示しています。 ぜひ、ご家族の楽しい団らんにご活用してください。

水巻町が作成したおすすめ絵本リストの絵本も展示しています。
ぜひ、ご家族の楽しい団らんにご活用してください。

 

 

 

 

「こどもの読書週間」は、子どもたちにもっと本を、子どもたちにもっと本を読む場所をとの願いから、1959年(昭和34年)に誕生しました。こどもの日に合わせた名称ですので、ひらがなで「こどもの読書週間」と定められています。幼少の時から書物に親しみ、読書の喜びや楽しみを知ることは、子どもたちにとって、どんなに大切なことでしょう。

 

今年の「こども読書週間」のテーマは、 「小さな本の大きなせかい」です。 期間中、素敵な本との出会いがあるといいですね!

今年の「こども読書週間」のテーマは、
「小さな本の大きなせかい」です。
期間中、素敵な本との出会いがあるといいですね!

 

 

親子で初めて出会うファーストブック、小学校入学時に選ぶセカンドブック・・・。昔読んだ絵本を、懐かしいと言いながら児童書を手に取る中高生の姿を見ると、私たちもうれしくなります。子どもたちが大切な1冊と出会い、家族友人とその本を話題にできることを、読書の階段を楽しく登っていけることを心から願っています。(スタッフN)