南方熊楠と柳田国男

6月の展示架は、日本の森羅万象に敬意を払い、日本民俗学の道を拓いたふたりの人類学者、南方熊楠と柳田国男についての資料を展示しました。

6月の展示架は、ふたりの人類学者、南方熊楠と柳田國男に 関する資料を集めてみました。

6月の展示架は、ふたりの人類学者、南方熊楠と柳田國男に
関する資料を集めてみました。

 

 

 

2017年は、南方熊楠(みなかたくまぐす)の生誕150年にあたります。和歌山県西牟婁郡白浜町にある「南方熊楠記念館」のホームページを見ますと、南方熊楠は、けた外れの偉人だったようで、様々なエピソードが残っています。植物学者、人類学者として知られ、学問的業績が幅広く、エコロジー運動の先駆者との評価もあります。

様々なエピソードが残るほど、偉大な人物だった南方熊楠。 彼の偉大な業績がわかる様々な資料を集めてみました。

様々なエピソードが残るほど、偉大な人物だった南方熊楠。
彼の偉大な業績がわかる様々な資料を集めてみました。

 

 

 

また、柳田国男(國男の表記もあります)は日本各地の伝説を調査し、多くの著作を残しました。『遠野物語』は、京極夏彦など、現代の作家によって現代語訳もされ、今も読み継がれています。

『遠野物語』など、現代においても多くの人 に読み継がれている作品を残した柳田国男。 彼に関連する多くの資料もこの展示架に集めています。

『遠野物語』など、現代においても多くの人
に読み継がれている作品を残した柳田国男。
彼に関連する多くの資料もこの展示架に集めています。

 

 

前述の「南方熊楠記念館」のホームページから引用しますと、

「柳田國男は、日本民俗学の父と「いわれる学者であるが、1911年(明治44年)2月、熊楠が『人類学会雑誌』に《山神オコゼを好む》」を発表したことが契機となり、熊楠に民俗学上の質問の手紙を出し、熊楠がそれに詳しく答えたりして、盛んに文通が行われ、この2人の交流は初期の日本民俗学の発展に大きな役割を果たした。1913年(大正2年)の年末には、柳田は田辺まで熊楠を訪ねてきている。」とあります。

この二人が実際に会ったときのエピソードが奇想天外なのですが、それはぜひ資料をご覧になってください。私は、水木しげる作の漫画『猫楠』(ÝCミ80。展示架1にあります)で読んで、肝をつぶしました。ぜひ、手に取ってご覧ください。

多くの方のご来館をお待ちしています。(スタッフN)