8月の展示架のテーマは、「本の中の戦争と平和」です。

今年もまた戦争によって失われた多くの尊い命に祈りを捧げる季節となりました。

日本では、戦争が終わって今年で72年が経ちますが、今も世界のどこかで戦争により多くの尊い命が失われています。

今年の展示架では、「本の中の戦争と平和」というテーマで関連する本を集めてみました。

 

8月の展示架です。

8月の展示架です。

 

 

今年の展示架のテーマは 「本の中の戦争と平和」です。

今年の展示架のテーマは
「本の中の戦争と平和」です。

 

 

戦争とは何か、平和とは何か、なぜ人は争うのか。 それらについて考えさせられる本を集めてみました。

戦争とは何か、平和とは何か、なぜ人は争うのか。
それらについて考えさせられる本を集めてみました。

 

過去の悲惨な体験をこの機会に振り返り、平和の尊さ、命の尊さについて考え、平和への祈りを未来へつなげていきましょう。

 

 

 

 

また、カウンター前に記載台を設け、「大切な人へ、また平和な未来へ」をテーマにメッセージを書いていただいています。

来館していただいた方々に 平和へのメッセージを 書いていただくために記載台を設けています。

来館していただいた方々に「 平和へのメッセージ」を
書いていただくために記載台を設けています。

 

 

もうすでにたくさんの方々からメッセージをいただいています。

もうすでにたくさんの方々から思いが詰まったメッセージをいただいています。

 

 

みなさんが書いていただいた「平和へのメッセージ」は、長崎市の原爆資料館に送らせていただき、みなさんの思いを被爆地である長崎市に伝えたいと考えています。

 

㋇は過去の歴史を振り返り、平和な明日へ踏み出すための祈りの月です。

みなさんもこの機会にぜひ、これらの本を読んでいただき、一緒に考えていきましょう。(スタッフH)