保育所に読み聞かせに行ってきました。

昨日、町内にある水巻町第二保育所に定例の読み聞かせに行ってきました。

第二保育所は、日頃から子どもたちに絵本と親しむ活動をされており、先生方が非常よく読み聞かせを行っていただいています。このことから、我々が読み聞かせに入っても子どもたちの反応は素晴らしく、毎月の読み聞かせを大変楽しみにしています。

今日は年長さんの子どもたちに3冊の絵本を読んできましたよ。

 

この時期ぴったりの「うみにいったライオン(垂石眞子著 偕成社)」を まず最初に読みました。 絵がとてもかわいい絵本で子どもたちも気に入ってくれたようです。

この時期ぴったりの「うみにいったライオン(垂石眞子著 偕成社)」を
まず最初に読みました。
絵がとてもかわいい絵本で子どもたちも気に入ってくれたようです。

 

 

続いて、「こぞうさんとりゅうのたまご(はせがわかこ著 大日本図書)」を読みました。 表紙が少し怖い印象の絵本なので、子どもたちもドキドキしながら聞いてくれました。

続いて、「こぞうさんとりゅうのたまご(はせがわかこ著 大日本図書)」を読みました。 表紙が少し怖い印象の絵本なので、
子どもたちもドキドキしながら聞いてくれました。

 

 

最後に大型絵本「そらまめくんのベッド(なかやみわ著 福音館書店」を読みました。 おなじみの絵本ですが、大型絵本なので、子どもたちも一生懸命聞いてくれました。

最後に大型絵本「そらまめくんのベッド(なかやみわ著 福音館書店」を読みました。 おなじみの絵本ですが、大型絵本ということあり、
子どもたちも一生懸命聞いてくれました。

 

 

今日は少し長めの本が多かったのですが、みなさん、一生懸命聞いてくれました(スタッフSさん、お疲れさまでした。)。

第二保育所の先生方、ちびっこのみなさん、ありがとうございました。

また、来月も楽しい絵本を持ってお邪魔しますので、その際は、よろしくお願いします。(館長 古川)