秋の図書館寄席を開催

9月10日(日)15時より視聴覚ホールにおいて、秋の図書館寄席を開催しました。

今年で3回目となる開催となりましたが、利用者の皆様より開催を望む声が多く聞かれたことから、今回も「噺の会じゅげむ 小倉出張所」の山椒家小粒様にお願いして開催することができました。小粒様には、改めて感謝申し上げます。

今回は、古典落語の「千早ふる」を演目とした大人向けの高座を演じていただきました。

 

 

今回も会場は大入り満員! 小粒様の知名度と今回の寄席に対する期待度の高さをわかります。

見てのとおり、今回も会場は大入り満員!
小粒様の知名度と今回の寄席に対する期待度の高さをわかります。

 

 

 

まずは、当館司書のWさんによるこの秋おすすめの本を ブックトークという手法で紹介しました。 みなさん、うなずきながら聞いてくれましたよ。(Wさん、お疲れさまでした。)

まずは、当館司書のWさんによるこの秋おすすめの本を
ブックトークという手法で紹介しました。
みなさんに大好評でしたよ。(Wさん、お疲れさまでした。)

 

 

 

続いて、本日の真打、山椒家小粒さんの登場です。 小粒さんの登場で一気に会場が盛り上がりました。まさに真打です。

続いて、本日の真打、山椒家小粒さんの登場です。
小粒さんの登場で一気に会場が盛り上がりました。まさに真打です。

 

 

 

本日の演目は古典落語の「千早ふる」です。 私が大好きな落語ですが、 小粒さん絶妙な話芸に会場は笑いの渦でした。

本日の演目は古典落語の「千早ふる」です。
私が大好きな落語ですが、
小粒さんの絶妙な話芸に会場は笑いの渦でした。

 

 

小粒さんの高座の後、昨年に引き続き、私が皆さんにクイズを出しました。 今回は演目が「千早ふる」ということで、百人一首にちなんだクイズを出しました。 みなさん、優秀で、あっという間に回答が出てしまい、タジタジでした。

小粒さんの高座の後、昨年に引き続き、私が皆さんにクイズを出しました。
今回は演目が「千早ふる」ということで、百人一首にちなんだ問題です。
みなさん、優秀で、あっという間に回答が出てしまい、タジタジでした。

 

 

クイズの後は、小粒さんに再登場していただき、恒例の紙切り芸を披露していただきました。 来場されたみなさんは大喜びです。

クイズの後は、小粒さんに再登場していただき
恒例の紙切り芸を 披露していただきました。
その出来栄えに来場されたみなさんはびっくりです。

 

今年も、大満足の図書館寄席でした。小粒さん、ありがとうございました。

 

ここでみなさんに残念なお知らせをしなければなりません。今年で3回に渡る「秋の図書館寄席」を開催させていただきましたが、小粒さんと奥様の小雪さんは、今年の年末にご実家の福島に帰られることになりました。ですから、小粒さんの「秋の図書館寄席」は今回で最終回となります。小粒さんご夫婦には、毎年、図書館寄席に協力いただき、当館の事業に大いにご協力いただきました。職員・スタッフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。本当ありがとうございました。

 

寄席が終了後、小粒さんと奥様の小雪さんを交えて記念撮影です。 本当にありがとうございました

寄席が終了後、小粒さんと奥様の小雪さんを交えて記念撮影です。
本当にありがとうございました

 

しかし、朗報もあります。来る12月10日(日)14時から当館の視聴覚ホールで、小粒さんによる寄席の開催が決定しました。

詳しくは後日ご紹介しますが、当館において、最後の小粒さんの高座です。奮ってご参加いただきますよう、お願いいたします。(館長 古川)