赤ちゃんと楽しむお話し会に遊びにきませんか。

お父さんやお母さんが自分の声で絵本を赤ちゃんに読んであげることは、赤ちゃんの心身の発達上、良いことだと言われており、科学的にも立証されてきています。しかし、昨今のスマホなどの電子メディアの普及発達により、利便性が増した反面、家族(親子)間の関係が希薄になっていると言われ、これが「いじめ」などの負の社会現象に起因していると言われています。

これらを是正するにはどうすればよいのか。それは、家族(親子)間の対話(コミュニケーション)を促すことが最も大事なことと考えます。そこで、その糸口となりえる施策が「家読」と言われる新しい読書活動です。水巻町では絵本などの本を活用した家族(親子)間のコミュニケーションを促進するため読書活動である、この「家読」を重要な教育施策として推進しており、ブックスタートなど、特に絵本を子育てに活用していただくための事業を重点的に取り組んでいます。

この事業のひとつとして位置付けているものが昨日開催された「赤ちゃんと楽しむお話し会」です。

このお話し会は、毎月第2水曜日の午前11時から開催しており、毎回多くの赤ちゃんを連れたお母さん方に参加していただいている人気のお話し会です。このお話し会は、赤ちゃんにおすすめの「絵本の読み聞かせ」や「わらべうた」など、日常の子育てに活用できるプログラムで進められるのが特徴です。

 

今日は、昨日開催された「赤ちゃんと楽しむお話し会」の様子を少しだけ紹介させていただきます。

 

冒頭に赤ちゃんと手遊びで遊んだあと、紙芝居「ワンワンワン」を使って赤ちゃんと遊びました。 お母さんの膝の上で、赤ちゃんが楽しそうに笑っていました。

冒頭に赤ちゃんと手遊びで遊んだあと、
紙芝居「ワンワンワン」 を使って赤ちゃんと遊びました。
お母さんの膝の上で、赤ちゃんが楽しそうに笑っていましたよ。

 

 

 

次はお母さんと赤ちゃんが触れ合うのに最適な絵本「おててぽん」を読みました。 赤ちゃんの反応も上々です!

次はお母さんと赤ちゃんが触れ合うのに最適な絵本「おててぽん」を読みました。
赤ちゃんの反応も上々です!

 

 

 

読み聞かせは少し休憩して、お母さんと赤ちゃんとのふれあい遊び、「ここはとうちゃんにこにこ」をやっていただきました。 最後に赤ちゃんをコチョコチョ! 赤ちゃんのかわいい笑い声が「おはなしのおうち」に響いていましたよ!

読み聞かせは少し休憩して、お母さんと赤ちゃんとのふれあい遊び、「ここはとうちゃんにこにこ」をやっていただきました。
最後に赤ちゃんをコチョコチョ!
赤ちゃんのかわいい笑い声が「おはなしのおうち」に響いていましたよ!

 

 

 

次に絵本「よくきたね」を読みました。 色使いがとてもかわいいおすすめの絵本です。

次に絵本「よくきたね」を読みました。
色使いがとてもかわいいおすすめの絵本です。

 

 

 

続いて、絵本「いいこ ねんね」を読みました。 子守歌のような絵本で、「おねんね前」の赤ちゃんに読んであげるのにおすすめしたい絵本です。

続いて、絵本「いいこ ねんね」を読みました。
子守歌のような絵本で、「おねんね前」の赤ちゃんに
読んであげるのにおすすめしたい絵本です。

 

 

 

最後はおねんね前に赤ちゃんにやってあげる指遊び 「おやゆびねむれ」です。赤ちゃんがもう少し大きくなったら、お母さんと楽しむことができる遊びですよ。

最後はおねんね前に赤ちゃんにやってあげる指遊び 「おやゆびねむれ」です。
赤ちゃんがもう少し大きくなったら、お母さんと楽しむことができる遊びですよ。

 

 

今回の「赤ちゃんと楽しむお話し会」、いかがでしたか。

今回参加されたお母さんのおひとりが、「早速、家で実践してみます。」と言われ、このお話し会で使用した絵本を借りて帰られました。このお話し会が、少しでも皆さんの子育てにお役に立てれば、こんなにうれしいことはありません。

このお話し会に参加されたことがない方、一度遊びにきませんか。楽しい赤ちゃんとのひと時を過ごせるよう、スタッフ一同、創意工夫をしたプログラムを立てて皆さんをお待ちしています。(お父さんも大歓迎です。)

次回は、12月13日(水)11時からの開催予定です。多くの皆さんのご来場をお待ちしています。(館長 古川)