つらい時、図書館でひと休みしませんか!

先日、テレビでもやっていましたが、毎年、夏休みの終わる八月の下旬から、二学期の始業式のある9月の上旬にかけて、児童や生徒が亡くなるという悲しいニュースが流れます。

特に9月1日に亡くなるお子様が多く、おそらくマスコミに取り上げられる以上に多くの命が失われているのではないかと思います。

夏休みが終わり、新しい学期の始まる9月は、季節の変わり目でもあり、大人でも気分が乱れる時期になります。

そんなときは、無理に学校に行こうとしたり、一人で悩んだり、家の中にいたりしないでください。

図書館では、毎年、この自殺予防週間にあわせて、そういった心の悩みを経験したした方の話や、心のゆれに応じた本を集めて展示しています。

 

 

気分が落ち込んでしまったときは、本を手に気分をかえてきませんか

気分が落ち込んでしまったときは、本を手に気分をかえてきませんか

 

悩みや自分だけのものですが、同じように悩んだ方の話などを通じて、自分なりの付き合い方を見つけてみるのもひとつの手段だと思います。図書館には今回展示したもののほか、たくさんの本やDVDなどのAV資料があります。

心が、どうしようもなくなった時、気分転換に図書館に寄り道しませんか。

私たちは、みなさんを笑顔でお迎えしますよ!(職員K)