図書館ボランティア「たんぽぽ」の皆さんによるお話し会がありました

掲載が遅くなりましたが、今日ご紹介するのは、㋈㏠(土曜)にあった図書館ボランティアのたんぽぽの皆さんによるお話し会です。

㋈は水巻町図書館の開館月ということで、いつものお話し会に一層チカラをこめて各団体、楽しいお話し会となるよう工夫されています。それでは㏠にありました、たんぽぽの皆さんのお話し会から。

 

1日のお話し会のプログラム

1日のお話し会のプログラムはこちら

 

 

 

 

はじめに『おしりしりしり(長野ひで子作 佼成出版社)』から

はじめに『おしりしりしり(長野ひで子作 佼成出版社)』から

 

 

 

 

この絵本は、うたあそび絵本といって、節をつけてリズミカルに読みきかせて語感と体感で楽しんでいただくものです。

おしりしりしり、と繰り返すことばが小さなお子さんに心地よく感じられるようですね。

 

 

大型絵本『とべバッタ(田島征三作 偕成社)』の一面

大型絵本『とべバッタ(田島征三作 偕成社)』の一面

 

 

 

 

 

おうじさまの耳はロバの耳は、絵本を使わずに語りでした。

「おうじさまの耳はロバの耳」は、絵本を使わずに語りでした。

 

 

 

子供さんたちはいつも絵を見ながらボランテイアのみなさんが読む絵本を視覚的にまた聴覚を通じて楽しんでいただいていますが、こういった趣きのお話があった時も熱心に耳を向けている様を観ると子どもの集中力の高さを感じますね。

 

 

 

「にんじんさんだいこんさんごぼうさん」の一コマ

「にんじんさんだいこんさんごぼうさん」の一コマ

 

 

 

にんじんとだいこんもごぼうと同じようにもとは畑から収穫するときは土がついていますね。

我々は調理する前に水や低温の湯でそれを洗うわけですが、彼らが温泉に浸かって現在のそれぞれの色になったという物語、職員Kは通しで最後まで観ていましたが大人も楽しめる内容でとても面白く感じました。

お話しがおわったあと、ボランテイアの方が集まっているお子さんに今月の次の行事のアナウンスをしてくださり、大変ありがたく、図書館の行事がこういったボランテイアの皆さんのご協力により行えていることをあらためて感じるひと時でした。

次回の読み聞かせグループたんぽぽの皆さんによるお話し会は、㋉㏥、土曜日、午後2時からとなります。多くのの皆さまのご来場をお待ちしています。(職員K)