スタッフおはなし会

遠賀川に菜の花が咲きはじめました。ときどき寒い日はあっても、春らしくなりましたね。24日に図書館スタッフによる春のおはなし会を行いました。

最初にくまの人形がごあいさつ。「ととけっこう」のわらべうたでくま人形を起こします。目をさましたくま人形といっしょにおはなし会を楽しんでもらいました。

IMG_0072

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んだ絵本は、「そらいろのたね」と「でんしゃにのって」です。どちらも春の明るい陽射しを感じるような、楽しい絵本です。おひさまに向かって高く高くのびていくそらいろの家。子どもはこの絵本を聞きながら、どんなそらいろの家を想像するのでしょうか。きっとその家は、ひとりひとり違うことでしょう。想像の世界を楽しむことのできるこの年齢にこそ、たくさんの絵本を楽しんでもらいたいものだと思いました。

そのあとは、新美南吉作の紙芝居「きつねのつかい」でした。画面いっぱいに描かれた菜の花が印象的な紙芝居です。最後までおはなしを聞けたお友だちには、折り紙のたんぽぽヘリコプターをおみやげにあげました。飛ばすと、くるくる回ります。これから、野原は菜の花やたんぽぽがいっぱい咲くことでしょう。

次回のスタッフのおはなし会は4月28日(日)です。

連休中、図書館は開館しています。この日は、絵本を読んだり、わらべうたを歌って体遊びをしたりの、楽しいおはなし会を予定しています。是非お気軽にご参加ください。(スタッフN)