公益社団法人 若松法人会様から児童書の寄贈をいただきました

1月半ば、公益社団法人若松法人会様から「水巻町図書館に児童書の寄贈を行いたい」という申し出がありました。

図書館としましても、貸出回数の多い児童書は傷むことが多く、たくさんの子供たちに良質の図書を提供するため買い替える必要があり、大変ありがたい申し出としてお受けしました。

申し出をいただいた後、寄贈いただく書籍については、遠賀町にある有限会社今橋書店さんを通じて3月末までに納入いただきました。

納入後、新型コロナウイルス対策に伴う休館中でもあり、スタッフが手分けして登録と装備を行い、皆さんに貸出が行える状態を整えました。

今月は通常開館をして、寄贈いただいた児童書をサービスの再開に合わせて皆様にお披露目する予定でしたが、多数の来館者がある施設は万一の感染を予防する必要があり、緊急事態宣言の趣旨を踏まえて休館を継続することとなり残念に想います。

約100点の児童書を寄贈いただいています。同会は、従前より地元地域での社会貢献事業に取り組んでおられ、当館へは2014(H26)年には今回同様に児童書を、2018年(H30)に一般書を寄贈いただいています。今回は、昔から親しまれている『しろくまちゃんのほっとけーき』(わかやまけん 絵/ 森比呂志・わだよしおみ 著/ こぐま社)や、『怪盗クイーン、かぐや姫は夢を見る』(はやみねかおる 作/ K2商会 絵/ 講談社青い鳥文庫)、「スポーツのおはなし」シリーズ(講談社)などを寄贈いただきました。開館してからにはなってしまいますが、ぜひ一度手に取ってご覧いただければ幸いです。

IMG_0002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く読み継がれている資料の買替えもできる限り行ってはいますが、どうしても新刊本の購入を優先してしまう中、多くの児童書の買替えの機会をいただくことになり、職員・スタッフ一同、若松法人会様に深く感謝いたします。ありがとうございました。(職員K)