Pick up本3

3月に新しく入ってきた本をいくつか紹介します。(スタッフN)

 

『野菜はくすり』 村田裕子/監修 オレンジページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事から体の免疫力をあげてみませんか。管理栄養士の著者が監修するこの本では、身近な野菜の栄養素や効果・効能だけでなく、様々な情報がイラストとともにわかりやすく紹介されています。野菜は色別に分類してあり、食材の色の数で日々の献立のバランスを考えやすいように工夫されています。後半には、パパッと作れる副菜のレシピも掲載されています。心身ともにストレスのたまる時期ではありますが、食卓にプラス一品の彩りを加えておいしくリフレッシュしてみてはどうでしょう。

 

 

 

『今こそ持ちたい手作りのエコバッグ』 レディブティックシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月1日からレジ袋が有料化になることはご存知でしょうか。店舗によっては既に有料化が進んで、エコバッグの持参が推奨されているところもあります。エコバッグって、買い物する量によっては到底ひとつだけでは足りなかったり、カバンを変えてしまって自宅に忘れてしまったり…と以外に枚数が必要だったりしますよね。でもいくつも買っておくのもなんだか勿体ないような気がして、ついまあいいか…とレジで袋をもらうこともしばしば。けれど世の中はプラスチック袋削減の流れです。家で過ごす時間の多い今、手作りエコバッグはどうでしょう。自分で作ると愛着がわいて忘れることもすくなくなる…かもしれません。本書には様々な形のバッグが掲載されており、便利なレジかごバッグも載っていますよ。 

 

 

 

◇子どもと過ごすおうち時間に◇

『10歳までに身につけたい子どもが一生困らない片づけ・そうじのコツ』 山口由紀子/著 青春出版社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のモノを自分で管理できる、モノの取捨選択ができる、身の回りを清潔にしておける…子どもたちに伝えておきたい、暮らしの基本です。断捨離やミニマリストなど、片づけに関する本がたくさん出版されていますが、子どもと実践するそうじ・片づけの本はまだまだ珍しいかもしれません。子どもと暮らしていると、あふれかえるおもちゃや洋服…。その片づけや掃除はなやみのタネという家庭も多いのではないでしょうか。この本は、漫画やクイズ形式になっている部分が多いので、親子でゲームのように楽しみながら片づけについて考えることができます。

 

 

 

『レゴレシピ いろんなペット』 ケビン・ホール  ブレンダ・ツァン/著 玄光社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明不用のあの有名なブロックの本です。精巧な生き物の作り方が30種類掲載されています。各ページにそれぞれの生きもののちょっとした豆知識ものっているので、読むだけでも楽しめますよ。

 

 

 

◇福岡県にまつわる本◇

 『福岡のトリセツ』 昭文社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っているようで知らない福岡県。この本は、地図から、大地・交通・歴史・産業と文化の項目に分けて福岡県を解説しています。今までそれほど興味をもって調べた事はなかったのですが、さすが地元について書かれているだけあって、読んでみると知っているワードも多く、断片的な知識の答え合わせをしているようでサクサク読み進めてしまえる本です。フルカラーの写真が掲載されているので、見ごたえもばっちりです。

 

 

 

『めんたいこどりーむ』 はしもとえつよ/作 講談社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州市出身の作者による、めんたいこが主人公の絵本です。文章が福岡弁なので思わず声に出してしまいたくなります。子どもと一緒に読むと盛り上がること間違いなしの一冊です。