赤ちゃん絵本相談室 始めました

水巻町図書館では、11月から赤ちゃん絵本の相談室を始めました。

コロナウイルス対策のために実施できない「赤ちゃんと楽しむおはなし会」にかわるものです。

 

どんなふうに読めばいいの?赤ちゃんはどんな絵本を喜ぶの?といった疑問に、

実演をまじえながらスタッフがお答えします。

 

赤ちゃんは、5,6カ月頃から認知が始まり、身近な人に語りかけられることをとても喜びます。わらべうたや絵本で、赤ちゃんにいっぱい語りかけてあげましょう。

図書館のスタッフは、そのためのお手伝いをぜひしたいと思っています。

 

 

 

「よ・だ・れ」 小風さち/文 及川賢治/絵 福音館書店

「よ・だ・れ」 小風さち/文 及川賢治/絵 福音館書店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あーちゃんはよだれがいっぱいでます。

ぶくぶく ぶう」

わらっても ないても 「やややーん よよよーん」

 

 

この絵本は、大きく赤ちゃんの顔が描かれ、1ページにひとつの事象という、赤ちゃん絵本の要件をみたしています。

オノマトペでやさしい語感の言葉。笑っても泣いてもよだれがあふれる赤ちゃんを見て、そうそう、赤ちゃんって、そういうもの、と、子育ての経験のある人ならほほえましく読むことができます。

そして、絵本の最後。あーちゃんがよだれをいっぱい出していたのには、とっても大切な理由があったのです!

 

赤ちゃんの成長と笑顔は、何よりも幸せのタネですね。

毎月第2水曜日11時から、おおむね30分程度の予定で行います。

なお、コロナ禍やインフルエンザ流行の折り、赤ちゃんの安全を考慮し、事前申込みとし、親子で3組までの参加とさせていただきます。

12月は、9日(水曜日)に開催予定です。

参加のご希望は、図書館のカウンター、若しくはお電話にてお伝えください。

感染症への対策をして、視聴覚ホールで、みなさまをお待ちしています。

 

(スタッフY・N)