Category Archives: お知らせ・ご案内

クリスマスの絵本並びました!

12月になり、風が冷たくなりましたね。今年も、展示2の棚に、クリスマスの絵本や読み物が並び、

カウンター手前の展示面にも、折り紙ボランティアさんの作品が飾られて、図書館の中はすっかりクリスマス模様です。

 

 

IMG_0014

インスタ映えスポットになりそうな折り紙ボランティア水巻の皆さんの力作です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0016

かわいらしいサンタさんもズラリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0019

児童コーナーのそばにクリスマスのお話を展示しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、どんなクリスマス絵本があるのかな、とお思いの方は、

WebOPEC(水巻町図書館利用者メニュー)の一覧からさがす→図書館おすすめ から閲覧なさってください。

クリスマスの絵本は、とても色がきれいで、ご家庭で読まれる時にも楽しい気持ちになれる絵本が多いと思います。

その中から私のおすすめを一つ紹介します。

 

 

『エリーちゃんのクリスマス』   メアリー・チャルマーズ/さく おびかゆうこ/やく  福音館書店

『エリーちゃんのクリスマス』  
メアリー・チャルマーズ/さく おびかゆうこ/やく  福音館書店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原題は『A Christmas Story』。福音館書店、世界傑作絵本シリーズの、アメリカの絵本です。

縦横15㎝ほどの小さな絵本で、見開きを開いたとたんに、クリスマスの小さなおもちゃなどが、

とても可愛らしい絵で描かれています。絵本そのものが、可愛らしい贈り物のようです。

内容は、小さなエリーちゃんが、お友だちのいぬのハリーやねこのヒラリーといっしょに、

クリスマスツリーの飾りつけをします。ところが、ツリーのてっぺんに飾るおほしさまがありません。

エリ―ちゃんは、雪の森のなかにでかけ、お星さまをさがします。…というものです。

 

クリスマスの絵本は、年齢の高めの子向けの絵本が多いのですが、この絵本は、2、3歳くらいの小さな子から楽しめます。

そして、クリスマスを楽しみに待つ幸せな日々を、ご家族で楽しめることと思います。

 

いろいろな本との出会いが、小さな子どもたちに、すてきなクリスマスプレゼントとなりますように。

(スタッフN)

 

 

 

 

 

 

 

みんなのスイミー みんなで大きなさかなになろう!

 

梅雨が明けて、夏本番になりました。

水巻町図書館では、8月4日(日)に夏休みおはなし会をスペシャルな内容で企画しています!

おはなし会は視聴覚ホールという大きなお部屋であります。この視聴覚ホールの大きな窓ガラス面に、スイミーのカードを貼って大きなさかなを作ろうというプロジェクト、名付けて「みんなのスイミー2019」を展開しています。

 

IMG_0027-resize

もっと、大きなさかなに見えるように、みんな、てつだってね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水巻町図書館に本を借りに来るお友だち、スイミーのカードを作って、プロジェクトに参加しませんか?

カードは、図書館内のピアノ近くの机に置いてあります。カードに、お友だちに読んでほしい本のタイトルと、おすすめする内容を書いて、カウンターに届けてください。このカードは、8月末、夏休みいっぱい飾る予定です。

8月4日のおはなし会には、ふだん図書館でおはなしをしてくださるボランティア団体のみなさんのほか、水巻町子ども司書、草笛の会やぶこうじさんも出演予定です。

ぜひ、遊びに来てくださいね!(スタッフN)

赤ちゃんと楽しむおはなし会

水巻町図書館では毎月第2水曜日に「赤ちゃんと楽しむおはなし会」を行っています。毎回、たくさんの赤ちゃんが遊びに来てくれています。

7月10日は、夏らしい絵本やわらべうた、柔らかい布を使って遊びました。

布遊びでは握って広げる「にぎりぱっちり」、大きく広げて上下させる「大風こい」をしました。少し大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんもいましたが、みんな楽しんでくれました。

赤ちゃんのおはなし会では、絵本の読み聞かせだけでなく、こういった遊びも取り入れて赤ちゃんとのスキンシップを楽しみます。

IMG_0005-resize

児童コーナーお話のお家で待ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月の「赤ちゃんと楽しむおはなし会」は8月14日(水)です。

9月1日から12月2日まで施設改修工事で長期休館となる為、休館前最後のおはなし会となります。

是非、気軽にご参加ください。(スタッフT)

男女共同参画関連資料の展示

このところ、九州北部の梅雨入りがいつなのか、気をもむ年が続いていますが、この時期には、「男女共同参画週間」があります。

この週間の始まる前日、なんとか例年のように展示架を整えることができました。

基本法ができた1999年から、今年は、ちょうど20年。この間、様々な議論を経て、女性の社会参加は徐々に進んできていますが、指導的地位に占める割合は、決して大きいとは言えず、これからも多くの人と一緒に取り組んでいかなければならない課題です。

男女共同参画週間は29日までですが、しばらく展示は続けます。(職員K)

 

 

 

男女共同参画に関する図書を集めています

男女共同参画に関する図書を集めています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日を楽しむ絵本

図書館のあじさいがきれいに色づきはじめました。時々雨が降るものの、梅雨入りは遅れていますね。

今月の展示架2は、梅雨のこの時季、雨の日を楽しむ絵本を集めています。外に出られない日は、図書館で雨の絵本を楽しんではいかがですか?

IMG_0053-resize

「雨」にまつわるお話はいかがですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3~4歳くらいの、短いおはなしが楽しめるようになってきたお子さんにおすすめしたい絵本として、『かばくんのふね』(岸田衿子/さく 中谷千代子/え 福音館書店)をご紹介します。

 

IMG_0853-resize

「かばくんのふね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物園に雨が降りだし、水があふれてしまいます。

 

「のせてくれ かばくん」 かんがるーが かんがるーのこを つれてきた

「のせてくれ かばくん」 きりんは きりんのこを つれてきた

 

かばくんは動物の子どもたちを背中にのせてあげます。かばくんのふねですね。雨がやむまで、子どもたちはかばくんのふねで楽しい時間を過ごします。

声に出して読むと、リズムのよい繰り返しの言葉が、耳にとても気持ちよく響きます。ぜひ、しっとり雨の降る日に、お子さんとお家で楽しんで読んでくださいね。

たくさんの子どもたちが、楽しい本、人生を豊かにしてくれる本に出会えることを、心から祈ります。(スタッフN)

やなせたかし生誕100周年

新しい元号に変わってひと月がたちました。平成から令和へと変わっていくあわただしさもようやく落ち着いてきたのではないでしょうか。

令和元年は、やなせたかしさんが生まれて100年の節目の年にあたります。そこで、6・7月の展示架は、「やなせたかし生誕100周年」をテーマにしてみました。

IMG_0847

アンパンマン以外の作品もたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代アンパンマンは、1969年に童話『十二の真珠』の一話「アンパンマン」に登場しました。大人向けに描いた作品で、小太りのオジサンがおなかをすかせた子どもに自分で焼いたパンを配るはなしです。それは、やなせさんの戦争のつらい体験を元にして描かれ、戦うことよりも戦いの被害で苦しむ人々に目は向けられています。

それから50年、現在のアンパンマンは「正義のヒーロー・アンパンマン」と誰もが知っているヒーローになりました。ヒーローと言っても悪を倒すのではなく、困っている人がいないかパトロールすることが任務のヒーローです。隣人愛・自己犠牲の精神で描かれているアンパンマンはみんなの人気者になりました。

絵筆の代わりに銃を持って戦場に行ったやなせたかしさん。戦争という暗い時代が青春だったやなせさんは晩年“いまが青春”と精力的に本を書かれました。今回は絵本だけでなくエッセイ、詩集、詩画集、被災者に向けたメッセージの本など幅広く集めてみましたので大人の方も手に取っていただければと思います。(スタッフH)

4月23日はサン・ジョルディの日

「サンジョルディの日」をご存じですか。1995年パリで開催されたユネスコ総会において「世界本の日」とされた4月23日が、伝説の騎士サン・ジョルディの名にちなんで広まったものです。4月23日はスペイン・カタルーニャ地方の伝説の騎士サン・ジョルディが、王女を救うために殉教した日で、いつしかこの日に本と花を贈りあって愛する気持ちを伝え合うようになったそうです。

また、日本では、4月23日は子ども読書の日です。水巻町図書館でも毎年この時期に、子どもの読書に関した取り組みを行っています。

今年は、水巻町図書館司書が選んだおすすめ絵本リストに、新しい絵本が加わりました。最初に選定した絵本に、近年出版された絵本など40冊ほどを新しく選定して追加しました。これらの絵本を、展示架でご紹介しています。

IMG_0009

新たに加わった絵本をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も、すべての幼い子どもの心に届けたいという思いで、美しい絵と磨かれた言葉にあふれた絵本を選びました。ぜひこれらの絵本を介して、子どもさんと読書体験を共有なさってください。

その他に、「図書館でビンゴ!」イベントを4月23日から実施します。

 

IMG_0106-resize

スタンプ集めて、ビンゴになると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルグッズをプレゼント!

オリジナルグッズをプレゼント!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、子どもが自分のカードで図書館の本を借りたとき、1日3つのスタンプをカードにためて、ビンゴを達成したらささやかなプレゼントをあげますよ、という取り組みです。詳しい方法やビンゴカードはカウンターにありますので、お問い合わせください。

これらの取り組みを通して、子どもが読書の階段を自分でのぼっていく力をつけ、その子の人生に読書というすばらしい世界を広げてもらえたらと、スタッフ一同心から祈っています。家族で本を通して会話を楽しみ、愛情を伝えあう時間は、人生の宝物ともいえるのではないでしょうか。その時間をぜひ大切に味わってください。

たくさんの本とともに、図書館でお待ちしています。(スタッフN)

外国語の絵本が児童コーナーに移動しました。

 

3月から、外国語の絵本が児童コーナーに仲間入りしました。

これまで、外国語の絵本は一般書とともに「洋書」の棚に並んでいましたが、日本語で書かれた絵本といっしょに楽しんでもらおうと、児童コーナーに引っ越しました。

多くが英語で書かれた絵本ですが、他にも韓国語、中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語などの絵本もあります。

みなさんが大好きな「ぐりとぐら」や「だるまちゃんとてんぐちゃん」、その他「むかしばなし」など、日本語で書かれた絵本が英語に訳されているものもありますよ。日本語版と見比べてみるのも面白いですね。

外国の言葉で書かれた絵本を見ていると、外国がちょっと近くなったような気持ちになります。ぜひ手に取ってご覧ください。(スタッフH)

 

 

IMG_0011-resize

「どろんこハリー」の英語版も…

あの日を忘れない・自殺対策強化月間

 

体を震わせる寒さも和らぎ、日も長くなって春の到来を感じさせる今日この頃です。

3月の展示架は「あの日を忘れない・自殺対策強化月間」の2本立てです。

 

今回の展示では、「あの日を忘れない」の内容を”日本の自然災害“、”復興・支援“、”防災“の3つに分け、東日本大震災以降の自然災害に関連した本を集めました。

災害に見舞われた時何があったのか、その後の復興や支援がどのように行われたのか、災害の当事者となった時、どの様な対応や準備が必要なのか、様々な立場から書かれた本が揃っています。

 

IMG_0083-resize

意識にも防災の備えを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、3月は新しい環境へと移行する時期でもあります。

様々な理由で不安になる事もあるでしょう。

「自殺対策強化月間」の展示架では、不安な気持ちや悩みを、和らげてくれる様な本が見つかるかもしれ ません。

来館の際には、是非一度、足を止めてご覧になってみてください。(スタッフT)

IMG_0088-resize

心が和らぐ1冊が見つかるかも…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「セカンドブック」新1年生に本の贈り物

季節は冬ですが、木の芽は春の準備をしています。桜が咲くころに入学を迎える子どもたちへの本のプレゼント、「セカンドブック」のコーナーが今年もできました。

水巻町では、子ども読書活動の一環として、親子のふれあいや子どもたちの心の豊かな成長を願って、7ヶ月、1歳6ケ月、3歳の乳幼児に絵本をプレゼントする「ブックスタート」事業を実施しています。さらに平成21年度からは、町内の小学校に入学する新一年生のみなさんに本をプレゼントする「セカンドブック」事業を行っています。

本は子どもの心へのプレゼント。スタッフが「入学おめでとう」の気持ちをこめて選んだ20冊の本を、今年も展示しています。図書館にはすべて、所蔵は2冊ずつあります。1冊は貸出できます。館内シールを貼っている1冊は見本となりますので、館内でご覧ください。ぜひ、ご家族で手に取られてお選びください。大切な1冊に出会えますように。 (スタッフN)

 

 

 

 

IMG_0197

「おはなしのおうち」とボランティア室の間に展示しています。