Category Archives: 入荷情報・展示案内

東日本大震災から10年

2021年は、東日本大震災発災から10年の節目の年です。

水巻町図書館では、毎年3月に災害・防災をテーマにした展示架を設けています。

今回の震災展示架のテーマは三つです。

 

第一に、東日本大震災とはどのような災厄であったのかを振り返り、復興に向けて歩んできた10年の軌跡を記した本。

展示架写真①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二に、災厄と向き合う人々に、文学という形でよりそった本。

展示架写真②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第三に、未来に向けて、持続可能な目標を持って歩を進めるための、震災とSDGsをテーマに据えた本。

展示架写真④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1月芥川賞作家として知られる柳美里さんの小説『JR上野駅公園口』が、アメリカで権威ある文学賞のひとつである全米図書賞を受賞しました。この作品の主人公は、1964年東京オリンピックの年に南相馬から出稼ぎ労働者として上京し、高度経済成長期ののちに、ホームレスとなります。作品には、裕福で街を行きかう人々の言葉と、主人公の喪失感が、交わることのないままふわふわ漂っているような不思議な感覚があります。

柳美里『JR上野駅公園口』(河出書房新社)

柳美里『JR上野駅公園口』(河出書房新社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、柳美里さんは、南相馬に居を移し、南相馬出身や在住の人ふたりと、自分が対談する形式のラジオ番組「ふたりとひとり」を続けてきました。

居場所を持たない人、大切なものを失ってしまった深い悲しみをたたえた人に寄り添う、それが柳美里さんの創作や活動のテーマであるように思います。

 

柳美里さんは、執筆の傍ら、福島県南相馬市でブックカフェ「フルハウス」を営んでいます。「フルハウス」のホームページの選書サービスに、こんな言葉があります。

 

「わたしからの質問への答えも

答えられずに不意に訪れた沈黙も

わたしは受け取り

見えないあなたを想像して本を選びます。」

 

柳美里さんをはじめ、この春、震災三部作を上梓した真山仁さん、多数の文筆家の方々が、被災した人の気持ちに寄り添い、言葉をつむぎ、未災者(この言葉は震災関係の資料にはたびたび出てきます)である読み手に想像の橋をかけてくださっているようです。

 

(スタッフYN)

あの映画の原作…読んでみませんか?

2月に入りました。ついこの前までお正月でしたが、あっという間に1か月が経過しましたね。1月は水巻町にも雪が降りましたが、2月も引き続き寒さが続きそうです。

さて、今回は1月から始まっている展示架の紹介です。今月のテーマは「読む?観る?映画になった本を集めてみました!」です。

 

展示架-resize

映画になった作品がこんなにたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画化した本を、洋画、邦画、児童文学などに分類して展示しています。

「名犬ラッシー」や「レ・ミゼラブル」など、皆さんご存知の本があるかと思います。

お家時間が増えつつある今、映像と本のセットで楽しむのもいいかもしれませんね。

そこで今回は多数ある作品の中から、2作品を紹介します。

 

魔女がいっぱい388-resize

「魔女がいっぱい」 ロアルド・ダール/作 清水 達也・鶴見 敏/訳 クェンティン・ブレイク/絵 評論社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリウッドスターのジョニー・デップが主演を務めた映画「チャーリーとチョコレート工場」をご存じの方、多いのではないでしょうか?本作も原作者が同じ作品になります。この世界には魔女がたくさんいる…。魔女は子どもが大嫌いで、子どもを見つけると誘拐してしまいます。しかし、魔女は普段、変装して人間界に溶け込んでおり、見つけにくいのです。

本を読み進めると、子どもが石や鶏に変えられてしまう、はたまたイルカになって家族から離れてしまうなど奇妙な話が出てきます。少し奇妙…だけど恐怖とは違う、作者独特のユーモアで読者をファンタジーな世界へ誘います。

この作品は映画化されており、現在(令和3年2月12日時点)映画館で見ることができます。

 

次の作品の紹介ですが、一際目立った場所にあります。

 

アガサ・クリスティー-resize

クリスティーの作品もよく映画化されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ミステリーの女王」ことアガサ・クリスティーの作品を集めました。

アガサ・クリスティーは、1920年に商業作家としてデビューをします。デビュー前に自身の作品をいくつかの出版社に応募しましたが、採用されず、本人が送った事実を忘れたころに出版決定の連絡が来た、という話があるそうです。今では有名になったアガサ・クリスティーの作品からオススメの本を紹介します。

 

スタイルズ荘389-resize

「スタイルズ荘の怪事件」 アガサ・クリスティー/著 矢沢 聖子/訳 早川書房

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アガサ・クリスティーのデビュー作となります。第一次世界大戦で負傷して、イギリスに帰還した主人公のヘイスティングス。旧友のジョンからの誘いで、ジョンの義母エミリーが家主の、スタイルズ荘でしばらく住むことになります。ある日、家主のエミリーは、20歳年下のアルフレッドという男と結婚しました。「遺産目当て・・・」スタイルズ荘の住人に噂をされる中、家主のエミリーが突然死をします。犯人はやはりあの20歳年下の男なのかそれとも・・・。この事件に挑むのは、アガサ・クリスティーシリーズの大物探偵

ポアロです。ポアロとヘイスティングスは旧友同士で、タッグで事件捜査をします。本を読み進めると、ポアロのユーモアな会話、そして的確な推理に夢中になると思います。また、スタイルズ荘住人の生活も、タイムスリップで過去に戻ったかのような感覚を味わえると思います。

 

作品の紹介は以上です。展示コーナーにある作品は、もちろん借りることができますので、ぜひご利用ください。そして、最後にお知らせをもう一つ。

 

ひなまつり-resize

華やかな節句人形が春を告げてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館にも、ひなまつりがやってきました。

正面玄関から入って右側にあります。こちらもぜひご覧ください。(職員F)

いよいよクリスマス&お正月モードへ

 

 11月も早くも半ば。気温もぐっと低くなり、日常生活でも冬服の準備やストーブを出し始める頃ではないでしょうか。

 

 さて、図書館にも、冬にぴったりな本のコーナーができました。

まず1つ目は、児童架にあるクリスマスコーナーです。

クリスマスコーナー (2)

誰かにプレゼントしたくなる本が見つかるかも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 236冊揃えたクリスマスの本の中から、今回はオススメの本を2冊ご紹介します。

 

ちびうさ203-resize

「ちびうさクリスマス!」 ハリー・ホース/作 千葉 茂樹/訳 光村教育図書/出版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンタさんに、赤いソリをお願いしたちびうさ。お願いどおり、赤いソリをもらうことができ、早速、遊びに出かけます。果たして友達と仲良く遊ぶことができるのでしょうか? わがままできまぐれ、だけど憎めないちびうさのお話です。

 

まどから204-resize

「まどから☆おくりもの」 五味 太郎/作・絵 偕成社/出版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリスマスにプレゼントを届けに行くサンタさん。この家には誰が住んでいるのかな?誰のお家か、窓からしか分かりません…。この本は、家の窓が切り抜かれているしかけ本になっています。窓の中が気になって、ワクワクしながら、次のページをめくれます。

 

 次に紹介するのは、新刊案内のお隣に設けた年賀状コーナーです。

 

正月コーナー

年賀状や手紙に関する書籍が68冊!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらでもおススメの本を紹介します。

季節のはがき

手作りで自己表現!季節のはがき  角川SSコミュニケーションズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 消しゴムはんこや切り絵など、年賀状や手紙を少しオシャレにできる技法が掲載されています。中でも、鶴の消しゴムはんこと水性ペンで書いた竹が描かれた作品は、とても見栄えがよいデザインだと思いました。

今年の年賀状は、いつもとは違う一工夫を入れてみませんか?

 その他にも、干支のデザイン集やパソコンでの年賀状の作り方、また、オリジナルスタンプの作り方等紹介した本を幅広く取り揃えています。

 

今年も残すところ後、2か月を切りました。

まだまだ、新型コロナウイルスの影響が続きそうですが、お体に気を付けて、今年の冬をお過ごしください。(職員F)

 

旅する本棚

気が付けば日中もだいぶ涼しくなってきて、外では金木犀のいい香りがしてくる季節になりました。

本来ならまさに行楽のベストシーズンですが、今年はまだ自粛…と考える方もいらっしゃるのではないかと思います。

今月の水巻町図書館の展示は、「旅する本棚」と銘打って、古今東西様々な「旅」をテーマにした本を集めてみました。実際に遠くへ出かけるのは難しいかもしれませんが、本の中でなら世界中どこへだって行ってみることができます。

読書の秋、そしてステイホームの秋の夜長のお供に一冊いかがでしょうか。

旅する本棚

“旅”のガイドは図書館がつとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども向けの本から、小説や写真集はもちろん、ちょっとマニアックなものまで色々な本がそろっていますよ。棚にあるとなかなか出会えない運命の一冊が見つかるかも?(スタッフE.N)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも…に備える

 

近年、大雨などによる災害が増えてきています。

どこか他人事のようにも思えてしまいますが、明日は我が身かもしれません。

いざという時に慌てないためにも普段からの備えが大切です。

 

今月の展示架では、そんな「もしも」の時のために役立つ本を集めています。

展示1

万が一に備え、何をすれば…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

非常食や防災グッズ、車中泊などの身近なことから防災マップ作りの本まで幅広く揃えました。

気軽に読めるものも多いので、この機会にお手に取られてみてください。

 

また、水巻町の防災マップの一部を掲示しています。

各家庭に配布されているかと思いますので、自分はどこに避難したらいいのか、何を準備したらいいのか・・・今一度、確認をしておかれるといいかと思います。

 

自分や家族の命を守るために、出来ることから始めてみませんか?(スタッフT)

Pick up本3

3月に新しく入ってきた本をいくつか紹介します。(スタッフN)

 

『野菜はくすり』 村田裕子/監修 オレンジページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事から体の免疫力をあげてみませんか。管理栄養士の著者が監修するこの本では、身近な野菜の栄養素や効果・効能だけでなく、様々な情報がイラストとともにわかりやすく紹介されています。野菜は色別に分類してあり、食材の色の数で日々の献立のバランスを考えやすいように工夫されています。後半には、パパッと作れる副菜のレシピも掲載されています。心身ともにストレスのたまる時期ではありますが、食卓にプラス一品の彩りを加えておいしくリフレッシュしてみてはどうでしょう。

 

 

 

『今こそ持ちたい手作りのエコバッグ』 レディブティックシリーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月1日からレジ袋が有料化になることはご存知でしょうか。店舗によっては既に有料化が進んで、エコバッグの持参が推奨されているところもあります。エコバッグって、買い物する量によっては到底ひとつだけでは足りなかったり、カバンを変えてしまって自宅に忘れてしまったり…と以外に枚数が必要だったりしますよね。でもいくつも買っておくのもなんだか勿体ないような気がして、ついまあいいか…とレジで袋をもらうこともしばしば。けれど世の中はプラスチック袋削減の流れです。家で過ごす時間の多い今、手作りエコバッグはどうでしょう。自分で作ると愛着がわいて忘れることもすくなくなる…かもしれません。本書には様々な形のバッグが掲載されており、便利なレジかごバッグも載っていますよ。 

 

 

 

◇子どもと過ごすおうち時間に◇

『10歳までに身につけたい子どもが一生困らない片づけ・そうじのコツ』 山口由紀子/著 青春出版社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のモノを自分で管理できる、モノの取捨選択ができる、身の回りを清潔にしておける…子どもたちに伝えておきたい、暮らしの基本です。断捨離やミニマリストなど、片づけに関する本がたくさん出版されていますが、子どもと実践するそうじ・片づけの本はまだまだ珍しいかもしれません。子どもと暮らしていると、あふれかえるおもちゃや洋服…。その片づけや掃除はなやみのタネという家庭も多いのではないでしょうか。この本は、漫画やクイズ形式になっている部分が多いので、親子でゲームのように楽しみながら片づけについて考えることができます。

 

 

 

『レゴレシピ いろんなペット』 ケビン・ホール  ブレンダ・ツァン/著 玄光社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

説明不用のあの有名なブロックの本です。精巧な生き物の作り方が30種類掲載されています。各ページにそれぞれの生きもののちょっとした豆知識ものっているので、読むだけでも楽しめますよ。

 

 

 

◇福岡県にまつわる本◇

 『福岡のトリセツ』 昭文社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っているようで知らない福岡県。この本は、地図から、大地・交通・歴史・産業と文化の項目に分けて福岡県を解説しています。今までそれほど興味をもって調べた事はなかったのですが、さすが地元について書かれているだけあって、読んでみると知っているワードも多く、断片的な知識の答え合わせをしているようでサクサク読み進めてしまえる本です。フルカラーの写真が掲載されているので、見ごたえもばっちりです。

 

 

 

『めんたいこどりーむ』 はしもとえつよ/作 講談社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州市出身の作者による、めんたいこが主人公の絵本です。文章が福岡弁なので思わず声に出してしまいたくなります。子どもと一緒に読むと盛り上がること間違いなしの一冊です。

 

 

 

 

Pick up本 その2

 

イベントの自粛などが続く中で、みなさんどうお過ごしでしょうか。

臨時休館中の貸出はできませんが、3月4日に入荷した本の中から、3冊を紹介します。(スタッフN)

 

 

『江戸の仕事図鑑 食と住まいの仕事(上)』  飯田泰子/著 芙蓉書房出版

江戸の仕事図鑑008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代の仕事を紹介するこの図鑑、なんと収録されている仕事すべてに図版による説明がついています。その数なんと500枚ほど。中には博物館でしか目にすることのないような貴重なものも…。時代劇や時代小説が好きな方にお馴染みの仕事はもちろんですが、中には現代では聞きなれないようなものも多くあります。そして、一口に「食」というカテゴリに分類された仕事でも、いきなり寿司職人が出てくるわけではなく、農夫やそれにまつわる道具を作る職人の紹介などからはじまり、とても見ごたえのある内容になっています。文献としてはもちろんですが、映画や小説のおともに加えてみると、より一層楽しめそうな一冊です。

 

 

『身の回りのありとあらゆるものを化学式で書いてみた』  山口悟/著 ベレ出版

身のまわりのありとあらゆるものを化学式で書いてみた007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしたちの身の回りには、「なんでそうなるのかはよく知らないけれどこういうものだ」という現象であふれています。日常で化学反応を考えながら生活することはなかなかないのではないでしょうか?けれど、お掃除にも、料理にも、家のあちらこちらに化学はあふれていますよね。この本では、6つのチャプターに分けて身の回りの化学式を紹介しています。なんとなくそういうものだからと思っていた疑問も、わかりやすく順を踏んでイラストとともに説明してくれているため、文系のわたしの頭でもストンと理解でき、「あーなるほど!」と思うことができました。理数が苦手な方も、気になるところだけでも読んでみるとおもしろい発見があるかもしれません。

 

 

『迷いも悩みも手放す!人生を肯定できる片づけ』  井田典子/著 主婦と生活社

人生を肯定できる片づけ006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片づけ、それは人類の永遠の課題なのかもしれません。人は生きていくのにモノは欠かせませんし、現代社会はたくさんの便利グッズであふれています。買い物に行けばあれもこれもとカゴに入れてしまい、家で持てあます…のは私の話ですが、同じような悩みを抱えている方もきっと(多分?)多いはずです。この本では、整理収納アドバイザーの著者が実生活での体験に基づいて、片づけにおけるちょっとした知恵や工夫を紹介しています。片づけだけでなく、日常のあれこれやちょっとしたレシピなどもあり、気軽に読める一冊になっています。

Pick up 本

 

休館中に届いた本のうち、個人的に気になったものを少しだけ紹介します。(スタッフN)

 

『あたしの拳が吼えるんだ』 山本幸久/著 中央公論新社

あたしの拳が吼えるんだ-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橘風花は母親と二人で暮らす小学四年生。

歯医者の待合室でふと目に入ったボクシングジムのポスターが気になって、「むかつく上級生男子を一発殴りたい」という邪な理由でボクシングを始めることにしますが、徐々にボクシングの魅力にはまっていきます。いじめっ子上級生をはじめ、ジムの面々や、母親さえも、ひたむきな風花の姿に心を動かされ始め…。勇ましいタイトルですが心あたたまるハートフルストーリーです。

 

 

『にっぽん100駅弁』 櫻井寛/著 双葉社

日本全国100駅弁-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅弁と言えば、「かしわ飯」が浮かぶ方も多いのではないでしょうか?この本には三度の飯より駅弁好きな著者が全国各地で完食し選び抜いたベスト100駅弁が収録されています。

美麗な写真と共に紹介されるご当地ならではの駅弁たちはどれもたまらなく食欲をそそります。私がとくに目にとまったものは、栃木県の『日光埋蔵金弁当』。日本で一番高い駅弁だそうで、なんと、お値段〇〇万円!もちろん中身も豪華なのですが、容器や箸までびっくるりするほどのこだわりようです。お値段はぜひ実際に本を手に取って確かめてみてくださいね。

 

 

『世界を変えた15の食べ物』 テレサ・ベネイテス/文 フラビア・ソリーリャ/絵 大月書店

世界を変えた15のたべもの-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身近な食べ物たちがもっている物語のことを考えたことはあるでしょうか。コムギ、イネ、カカオ、バニラ…。長い歴史の中で、これらの食べ物が食卓にあがるまでにつむいできた物語をすこしのぞいてみませんか?忙しい生活に追われると見過ごしがちですが、決して当たり前ではない「食」について考えることのできる一冊です。

 

 

『えんまだいおう ごいっこう』 中尾昌稔/文 広瀬克也/絵 イースト・プレス

えんまだいおうごいっこう-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地獄のえんま大王が、おやすみをとって獄卒たちとおんせん旅行!?

つのをかくしてみんなでワイワイおおさわぎ!まさに地獄も働きかた改革です。鬼は出てきますが全然こわくないので小さいお子様にもおすすめです。

2020年新春展示 「色々な20」&「ムーミン出版75周年」

 

令和初のお正月はいかがでしたか?さて今年2020年は、夏にオリンピック・パラリンピックの開催、そして、水巻町図書館・歴史資料館が開館20周年という記念の年になります。そこで…、カウンター横の展示架に、「20」をキーワードに様々な資料を集めてみました。

 

資料館側に、地元水巻町の20年前を振り返るコーナー。

2000年の広報みずまきに掲載された、その年の主な事業を抜粋したファイルを用意しました。

町名の由来と、町のなりたちも合わせてご覧ください。

 

IMG_0100

新成人が生まれた年、水巻では…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンター側には、20年前(2000年)に発行された絵本のコーナー。

約60冊の絵本が集まりました。あなたが好きな本も含まれているかも。

 

IMG_0104

20年間も読まれ続けてきた絵本たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中央には、思いつくままの「20」関連資料たち。

着眼として面白いものに、「にじゅう」と同音で「二重」なものとして、日食も取り上げました。

そして、遊び心で「ク・イ・ズ・の・塔」も置きました。展示期間中に問題が変わります。

大人も子どもも、レッツチャレンジ!

 

IMG_0102

色々な20たちがお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1月ミニ展示として、新刊コーナーの側面に「ムーミン出版75周年」と題して、

トーベヤンソンとムーミン関連の本を並べました。こちらの資料も、手に取ってみてください。

 

IMG_0106

ムーミン谷のみんなに会えますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年もよろしくお願いいたします。(スタッフW)

「セカンドブック」新1年生に本の贈り物

冬休みに入り、子どもたちでにぎわっている図書館に今年も、来年の春に入学を迎える子どもたちへの本のプレゼント、「セカンドブック」の紹介コーナーができました。

 

IMG_1187

令和2年度の新入学児童向けに選んだ「セカンドブック」(児童コーナー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水巻町では、子ども読書活動の一環として、親子のふれあいや子どもたちの心の豊かな成長を願って、4ヶ月、1歳6ヶ月、3歳の乳幼児に絵本をプレゼントする「ブックスタート」事業を実施しています。さらに平成21年度からは、町内の小学校に入学する新一年生のみなさんに本をプレゼントする「セカンドブック」事業を行っています。

 

 

 

写真に短い文が入った本や英語の本など

写真に短い文が入った本や英語の本などもありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちの興味や関心に合う本がみつかるよに選んでいます。

子どもたちの興味や関心に合う本がみつかるように選んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本は子どもの心へのプレゼント。スタッフが入学おめでとうの気持ちをこめて選んだ20冊の本を、今年も展示しています。所蔵はすべて2冊ずつありますので、1冊は貸出できます。館内シールを貼っている1冊は見本となりますので、館内でご覧ください。ぜひ、ご家族で手に取られてお選びください。

大切な1冊に出会えますように。 (スタッフN)