Category Archives: 入荷情報・展示案内

漱石『こころ』連載から百年の展示架

 8月の展示架は、100年前に新聞小説として世に出た夏目漱石の『こころ』です。明治の文豪として知られる漱石の『こころ』は、連載の後、1913年に創業された岩波書店から出版されました。この頃は明治が終わったばかりで、大正デモクラシー開花となる、文壇の華やいだ時期です.反面、翌年には,ヨーロッパで第一次世界大戦が勃発するという時代でもありました。

 

8月の展示架です。

8月の展示架です。

 

連載から100年を経て、今また読み直されている漱石の文学。展示架には、関連本のほか、初版と同じ装丁を楽しめる復刻版(2001年刊です)も置いています。漱石は『こころ』の出版にあたり、表紙、見返し、奥付け、題字や印などのデザインをすべて自分でてがけています。漱石と、岩波書店創業者の岩波茂雄の交流があってのことです。表紙には、荀子の康煕字典(こうきじてん;中国の漢字字典)から「心」の章が引用されています。

 

初版と同じ装丁を楽しめる復刻版の表紙です。

初版と同じ装丁を楽しめる復刻版の表紙です。

 

ほかに、岩波書店創業100年を記念して出版された「岩波講座 日本の思想」も置いています。どうぞ手にとってご覧ください。(スタッフN)

7月の展示架

7月の展示架は、「世界は美しい」と題して、美しい地球の自然や昨年、世界遺産に登録された富士山、夏にぴったりの夜景などの見応えあるビジュアル本ばかりを集めてみました。どの本も写真などの美しさに引き込まれるものばかりです。

これから外に出かけることが多くなる季節となりますが、お出かけの前にどうぞ、手に取ってご覧ください。(館長F)

自然や風景、夜景など美しいビジュアル本ばかり集めてみました。

自然などの美しいビジュアル本を集めてみました。

みなさんのリクエストが図書館の棚を豊かにします。

新年度が始まって、あっという間の1か月という方も多いのではないでしょうか。

 水巻町図書館も、ウェブ予約をご利用いただけるようになってはや3か月が経ちました。利用者の方からの予約リクエストをきっかけに図書館の棚に並んだ本たちを見てみると、バラエティに富んでいて、思わず手に取ってしまうような本が多々あります。そこで、先月より、リクエストをうけて図書館に仲間入りした本だけを集め、展示架の棚に並べています。「自分史の書き方 (立花隆/著)」「宇宙の扉をノックする (リサ・ランドール/著)」「首のたるみが気になるの(ノーラ・エフロン/著 阿川佐和子/訳)」とまあ、多彩なこと。

 

 今月の展示架

 

 

まだリクエストサービスを利用したことがないという町民の方は、図書館の予約サービスをご利用になりませんか。 

なお、図書館に所蔵のない本もリクエストしていただければ、お取り寄せして提供することができます。不明な点はお気軽に図書館スタッフまでお問い合わせ下さい。 (スタッフH&N)

人気の児童書が続々入荷!

本日、ちびっこたちに人気が高い「なぞなぞの本」、「プリンセスマジックシリーズ」や「恐竜のコミック本」などが図書館の本棚に並びました。 

新しく入荷した児童書

どの本も人気が高い本ばかりなので、すぐに品切れになるかも・・・。

お早めに貸出手続きをしてくださいね!(新米図書館職員F)

あの「名探偵 コナン」が65巻まで本棚に並びました!

テレビアニメでちびっこに人気がある「名探偵 コナン」のコミック本が65巻まで図書館の本棚に並びました。

IMG_0031s

 

前にもお話ししましたが、「まんが」も文化、図書館の重要な資料です。

これからもいいコミック本は、どんどん図書館の本棚に並べたいと考えていますので、ご期待ください!

(新米図書館職員F)

 

 

展示架のご案内

今月の展示架は震災についてです。

明後日には東日本大震災から3年目をむかえます。また、阪神・淡路大震災からは19年が経ちました。

語り継ぐべき記憶の数々、ぜひ手に取ってみてください。 

防災に関する本も置いています

 

 

 

裏側は、先月から大好評の「大人の品格~学び直しの本棚~」となっています。

知らないと恥ずかしい?!

  

 

また、3月は自殺対策強化月間です。ミニ展示架として、ホッと一息つけるような本を集めました。

パンフレットはご自由にお持ち帰りください

  

 

来月の展示架もお楽しみに!(スタッフM)

あのワンピースが図書館の本棚に!

ワンピース第1巻まんがも文化!図書館にとっては重要な図書資料です。

 

ということで、みなさんからご要望が高かった人気のコミック本、あの「ワンピース」が今日から全巻、図書館の本棚にならびました。

本棚にならんだ途端、多くの大人や子どもが借りていき、残りわずかです。

みなさんもぜひ図書館に来て読んでくださいね!

(新米図書館員F)

1月2月の展示のご案内

 

空気が肌に刺すように冷たくなり、いよいよ冬を感じるこの頃。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

2月7日には、冬のスポーツの祭典「第22回2014年冬季オリンピック」が開催されます。

去年の半ば、2020年東京オリンピックが決定されたことも記憶に新しく、オリンピックについて調べようという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

水巻町図書館では、1月から2月の間、オリンピックに関連する図書の展示を行っています。競技スポーツや、世界と日本のつながり、なつかしの1964年東京オリンピックの頃の風景など、予習復習を兼ねて、ぜひお手にとってみてください。(スタッフF)

IMG_0027s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月の展示架は黒田官兵衛です!

 来年の大河ドラマ主人公の黒田官兵衛が、福岡と深い縁があることをご存知ですか? 官兵衛は軍師として豊臣秀吉を支え、四国攻め、九州攻めで先鋒を務め、九州平定後の1587年7月、豊前国で6郡を与えられ、中津城(大分県中津市)を築きました。そして官兵衛の息子・黒田長政は、関ケ原合戦の戦功により筑前の国、福岡藩主となります。
12月の展示架は、史上最強のNo2として秀吉にも恐れられた黒田官兵衛特集です! (スタッフN)
resize0001

8月の展示架

こんにちは。

毎日うだるような暑さが続いていますが、みなさん、熱中症にはくれぐれも気を付けてくださいね。私は、干し梅を食べて塩分を補給しています!

さて、8月の図書館では戦争の本を集めて展示しています。

その目玉となるのが、シリーズ『戦争×文学』です。

日清日露戦争から現代まで100年以上の歴史の中から、戦争をテーマにした作品が収録されています。短編作品が中心なので読みやすい内容ですよ!古今の作家がとらえた戦争のすがたをぜひご覧あれ!

スタッフH

resize0044

 resize0040

resize0041