Category Archives: お知らせ・ご案内

若松法人会様より図書の寄贈がありました。

 若松法人会寄贈

公益社団法人「若松法人会」様より地元地域への社会貢献事業として、当館にたくさんの図書をご寄贈いただきました。今回、新たにご寄贈いただいたのは、児童向けの人気シリーズの読み物、図鑑、絵本など97冊。たくさんの子供たちに読んでいただけるよう、大いに活用させていただきます。本当にありがとうございました。(館長)

 

 

 

若松法人会ホームページ http://www.w-hozin.jp/

『セカンドブック』って知ってますか?

水巻町図書館では、本に親しんでもらえるように平成21年度から町内の小学校に入学する新1年生のみなさんへ本をプレゼントする『セカンドブック』事業を行っています。

今年も平成26年度に新1年生となるみなさんへ20冊の本を選び、図書館の児童コーナーで紹介しています。どなたでもご利用いただけますので、どうぞ本を開いてみてください。大切な1冊に出会えますように。(スタッフF)     

    セカンドブック事業の対象となる本のリストはこちら

 

 

IMG_0036s

 

 IMG_0037s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模様替え☆

今年もはやいものであと残すところ2か月になりました。徐々に秋も過ぎて、冬がすぐそこまできていますね。

6月の蔵書点検で模様替えを行ったコーナーも、季節に合わせてすこし趣向を変えてみました!

resize0001

 

合わせて、グループ室のコルクボードもすこし模様替えです。

勉強の合間など、息抜きにおすすめ本を眺めてみてはいかがでしょうか?(職員M)

resize0002 resize0003

水巻町の旧炭鉱町の写真が大英博物館に!

ふと、10月24日の朝日新聞夕刊を見ていたところ、中間市出身のアマチュア写真家、故山口勲さんの写真集「ボタ山のあるぼくの町」(海鳥社)が、英国・ロンドンの大英博物館に美術品として収蔵されることが決まったとの記事を目にしました。私自身も炭鉱住宅出身なので、なんだかうれしくなり、このブログを書いています。

かつての炭鉱町の日常風景をとらえたこの写真集には、水巻町の炭鉱住宅に住む人々の様子もたくさんおさめられています。

山口さん自身、高校卒業後、水巻町にあった日炭高松炭鉱で働かれていたこともありIMG_0030s

身内の視線で写した数々の写真には、1枚1枚に深い共感がこもっているものばかりで炭鉱町で暮らす人々の表情が生き生きと写し出されています。

当館にも数は少ないのですが、この写真集を置いていますので、お立ち寄りの際は是非ご覧ください。お薦めです!

 

これと関連しますが、当館内にある歴史資料館の展示室では、11月6日(水)から12月1日(日)の期間で、「水巻の炭鉱とその暮らし2」の企画展を開催します。歴史資料館所蔵の貴重な写真や資料を公開しますので、ご期待ください。

(新米図書館職員F)

 

 

秋の読書週間

10/27~11/9は読書週間です。水巻町図書館では、『村岡花子生誕120周年』と題して赤毛のアンをはじめとした作品を集めて展示しています。懐かしい物語たちを読み返してみてはどうでしょうか。

IMG_0004s

合わせて児童コーナーには、『しかけのある絵本』集めて展示しています。大人も子どもも楽しめる工夫がいっぱいの仕掛け絵本です。秋の読書週間、どうぞ水巻町図書館にお気に入りの本を見つけにきてください。

IMG_0011s

ちなみに、ボードに見えているノスタルジックな切り絵はスタッフの手作りなんですよ。すごいでしょ!切り絵の本も所蔵していますので、興味のある方はお尋ねください。(スタッフF)

秋の夜長のおともに

10月にはいって暑さもやわらぎ、いよいよ本格的な秋の訪れを感じます。

近頃は日が落ちるのもはやくなり、六時ごろにはもう空は真っ暗で、秋の夜長という言葉が頭に浮かんできます。そんな長い夜をみなさんいかがお過ごしでしょうか。

秋はどうやら天体観測に向いた時期だそうです。わたしも私事ですが、最近星をすこし観る機会があって、澄んだ空気と高い空に輝く星に感動しました。

そこで今月の展示架は12日に行われる星空観望会にも合わせまして、『星と神話』というテーマで本を集めています。

IMG_0006s

なんとなく眺めているだけでも充分に楽しいですが、今年はすこしもっと深いところまで見上げてみませんか。

 

合わせて、児童の展示架は『くうねるところにすむところ』IMG_0018s

いろんな『家』が載った本を展示しています。

「こんな家あるわけないよ!」「こんなかわいいおうちにすみたいな!」なんて家での親子の会話になれば幸いです。

 

10月27日から11月9日は秋の読書週間です。みなさん素敵な読書の秋が過ごせますように願っています。(スタッフH)

リサイクル本、海を渡る。

図書館では、保存期間が切れた雑誌や新聞、除籍(廃棄)した本、利用者からの寄贈本などで図書館に受け入れができなかった本などを、リサイクル本として、他の施設や学校、町民のみなさんに譲渡しています。

このたび、ニューヨーク州のブルックリン日本人学校の先生からのご要望で、リサイクル本を一箱分寄贈しました。一度は図書館で役目を終えた本ですが、アメリカの日本人学校の子どもたちの教材として再び活用されます。

IMG_0078s

新しいコーナーができました。

特別整理期間中に3つの新しいコーナーができました。

 

1.自然科学コーナー

子どもから大人まで楽しめる自然科学系の図書を集めました。
カーペットを敷いていますので靴を脱いでゆっくりおくつろぎください。
大きな図鑑も床に広げてみることができます。resize0007

 

2.時代小説コーナー

図書館の一番奥に、時代小説ファンにはたまらないコーナーができました。

そこに息づくのは今は見られぬ日本の姿。

resize0008

 

3.新書コーナー

図書館は、本の内容で分類されて配架されているのが一般的ですが、
「新書が読みたい」など内容ではなく本の形体で探すには少し不便でした。
今回、いろいろな棚に混じっていた新書形体の本をすべて集めて一つの棚に移動しました。
大きな本に埋もれて人目に付きにくかった新書たちが、皆さんの目に止まるのを待っています。

resize0005

 

特別整理期間が終了しました。