Category Archives: スタッフ・館長コメント

東日本大震災から10年

2021年は、東日本大震災発災から10年の節目の年です。

水巻町図書館では、毎年3月に災害・防災をテーマにした展示架を設けています。

今回の震災展示架のテーマは三つです。

 

第一に、東日本大震災とはどのような災厄であったのかを振り返り、復興に向けて歩んできた10年の軌跡を記した本。

展示架写真①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二に、災厄と向き合う人々に、文学という形でよりそった本。

展示架写真②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第三に、未来に向けて、持続可能な目標を持って歩を進めるための、震災とSDGsをテーマに据えた本。

展示架写真④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年1月芥川賞作家として知られる柳美里さんの小説『JR上野駅公園口』が、アメリカで権威ある文学賞のひとつである全米図書賞を受賞しました。この作品の主人公は、1964年東京オリンピックの年に南相馬から出稼ぎ労働者として上京し、高度経済成長期ののちに、ホームレスとなります。作品には、裕福で街を行きかう人々の言葉と、主人公の喪失感が、交わることのないままふわふわ漂っているような不思議な感覚があります。

柳美里『JR上野駅公園口』(河出書房新社)

柳美里『JR上野駅公園口』(河出書房新社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、柳美里さんは、南相馬に居を移し、南相馬出身や在住の人ふたりと、自分が対談する形式のラジオ番組「ふたりとひとり」を続けてきました。

居場所を持たない人、大切なものを失ってしまった深い悲しみをたたえた人に寄り添う、それが柳美里さんの創作や活動のテーマであるように思います。

 

柳美里さんは、執筆の傍ら、福島県南相馬市でブックカフェ「フルハウス」を営んでいます。「フルハウス」のホームページの選書サービスに、こんな言葉があります。

 

「わたしからの質問への答えも

答えられずに不意に訪れた沈黙も

わたしは受け取り

見えないあなたを想像して本を選びます。」

 

柳美里さんをはじめ、この春、震災三部作を上梓した真山仁さん、多数の文筆家の方々が、被災した人の気持ちに寄り添い、言葉をつむぎ、未災者(この言葉は震災関係の資料にはたびたび出てきます)である読み手に想像の橋をかけてくださっているようです。

 

(スタッフYN)

あの映画の原作…読んでみませんか?

2月に入りました。ついこの前までお正月でしたが、あっという間に1か月が経過しましたね。1月は水巻町にも雪が降りましたが、2月も引き続き寒さが続きそうです。

さて、今回は1月から始まっている展示架の紹介です。今月のテーマは「読む?観る?映画になった本を集めてみました!」です。

 

展示架-resize

映画になった作品がこんなにたくさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画化した本を、洋画、邦画、児童文学などに分類して展示しています。

「名犬ラッシー」や「レ・ミゼラブル」など、皆さんご存知の本があるかと思います。

お家時間が増えつつある今、映像と本のセットで楽しむのもいいかもしれませんね。

そこで今回は多数ある作品の中から、2作品を紹介します。

 

魔女がいっぱい388-resize

「魔女がいっぱい」 ロアルド・ダール/作 清水 達也・鶴見 敏/訳 クェンティン・ブレイク/絵 評論社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハリウッドスターのジョニー・デップが主演を務めた映画「チャーリーとチョコレート工場」をご存じの方、多いのではないでしょうか?本作も原作者が同じ作品になります。この世界には魔女がたくさんいる…。魔女は子どもが大嫌いで、子どもを見つけると誘拐してしまいます。しかし、魔女は普段、変装して人間界に溶け込んでおり、見つけにくいのです。

本を読み進めると、子どもが石や鶏に変えられてしまう、はたまたイルカになって家族から離れてしまうなど奇妙な話が出てきます。少し奇妙…だけど恐怖とは違う、作者独特のユーモアで読者をファンタジーな世界へ誘います。

この作品は映画化されており、現在(令和3年2月12日時点)映画館で見ることができます。

 

次の作品の紹介ですが、一際目立った場所にあります。

 

アガサ・クリスティー-resize

クリスティーの作品もよく映画化されています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ミステリーの女王」ことアガサ・クリスティーの作品を集めました。

アガサ・クリスティーは、1920年に商業作家としてデビューをします。デビュー前に自身の作品をいくつかの出版社に応募しましたが、採用されず、本人が送った事実を忘れたころに出版決定の連絡が来た、という話があるそうです。今では有名になったアガサ・クリスティーの作品からオススメの本を紹介します。

 

スタイルズ荘389-resize

「スタイルズ荘の怪事件」 アガサ・クリスティー/著 矢沢 聖子/訳 早川書房

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アガサ・クリスティーのデビュー作となります。第一次世界大戦で負傷して、イギリスに帰還した主人公のヘイスティングス。旧友のジョンからの誘いで、ジョンの義母エミリーが家主の、スタイルズ荘でしばらく住むことになります。ある日、家主のエミリーは、20歳年下のアルフレッドという男と結婚しました。「遺産目当て・・・」スタイルズ荘の住人に噂をされる中、家主のエミリーが突然死をします。犯人はやはりあの20歳年下の男なのかそれとも・・・。この事件に挑むのは、アガサ・クリスティーシリーズの大物探偵

ポアロです。ポアロとヘイスティングスは旧友同士で、タッグで事件捜査をします。本を読み進めると、ポアロのユーモアな会話、そして的確な推理に夢中になると思います。また、スタイルズ荘住人の生活も、タイムスリップで過去に戻ったかのような感覚を味わえると思います。

 

作品の紹介は以上です。展示コーナーにある作品は、もちろん借りることができますので、ぜひご利用ください。そして、最後にお知らせをもう一つ。

 

ひなまつり-resize

華やかな節句人形が春を告げてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館にも、ひなまつりがやってきました。

正面玄関から入って右側にあります。こちらもぜひご覧ください。(職員F)

「セカンドブック」紹介コーナーを設けています

 寒い冬が続いていますが、桜が咲く季節になったら小学生になるのを楽しみにしている子どもたちも多いことでしょう。

令和3年度に水巻町の小学校に入学する子どもたちのために、今年も「セカンドブック」の紹介コーナーができました。

 

 

IMG_0029-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 水巻町では、子ども読書活動の一環として、親子のふれあいや子どもたちの心の豊かな成長を願って、4ヶ月、1歳6ヶ月、3歳の乳幼児に絵本をプレゼントする「ブックスタート」事業を実施しています。

さらに平成21年度からは、町内の小学校に入学する新1年生のみなさんに本をプレゼントする「セカンドブック」事業を行っています。

  絵本や物語、科学の本、英語が入った本など、様々な20冊を用意しています。子どもたちの興味や関心に合わせて、宝物になる本が見つかるよう、図書館スタッフが心をこめて選びました。この中から1冊、お気に入りの本を新1年生の教室でプレゼントすることになります。

 

 

 IMG_0033-resize

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それぞれの本を2冊ずつ展示しています。1冊は貸出用ですが、もう1冊は見本としていつでも見ていただけるように、貸出不可としています。まずは図書館で手に取ってご覧ください。

  これから小学生になる皆さんが、大切な1冊と出会えますように。(スタッフM.H)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着CD・DVDのご案内

水巻町図書館には、多数の視聴覚資料がありますが、利用の多いものや微細な傷などがついて再生がうまくできないものなどを貸出対象から外し、新しいCDやDVDに入れ替えています。

昨年度までは、従来のビデオテープの資料を6年程度かけてDVDに入れ替える計画の下、比較的多くのDVDを購入しつつ、CDの入れ替えを行い、ビデオテープの資料はなくなりました。

今年2020年は、図書館・歴史資料館の開館20周年ということもあり、平年の視聴覚資料の入れ替えよりも多くの買替、買い増しを行っています。

案内が遅れましたが、すでに第一陣で準備が整い、視聴が可能となっていた「新着CD、DVD」棚の資料を所定の位置に配架しなおし、先日、第2陣で準備が整った資料に入れ替えています。

 

IMG_0037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍のため、いまだ一部のAVブースのご提供しかできておりませんが、町内利用者の方には貸出もできますので、気になる資料がありましたら、ケースをカウンターまでをお持ちいただき、なお外出がままならないこれからの余暇にお楽しみください。 (職員K)

赤ちゃん絵本相談室でママもニコニコ (^^)

12月9日(水)赤ちゃん絵本の相談室を行いました。

この日参加してくれた親子は、6ヶ月、11ヶ月、1歳4ヶ月の3組。少し早めに来た11ヶ月の赤ちゃんに、くまの手袋人形で「こんにちは」とあいさつすると、ニコニコしながら頭をすこーし下げて、「こんにちは」を返してくれます。

コミュニケーションがもうきちんとできている!これは、絵本も読みがいがあるというものです。

コロナのためにおはなしのおうちを閉鎖しているので、視聴覚ホールでディスタンスをとりながらの開催です。わらべうた「このこどこのこ かっちんこ」の歌詞に赤ちゃんの名前を入れながら、みんなで歌います。おかあさんが笑顔で歌うと赤ちゃんもごきげんです。

『あそびましょ』(松谷みよ子 文 丸木俊 絵 偕成社)という絵本を読みました。絵本にでてくるあいさつやしぐさをまねして楽しむことのできる絵本です。

日本の赤ちゃん絵本は、世界でも群を抜いて豊富に出版されているそうです。先日、『いないいないばあ』(松谷みよ子 文 瀬川康男 絵 童心社)が刊行から53年で700万部を突破したというニュースがありました。世代をこえて読み継がれる絵本の代表格といえるでしょう。赤ちゃんと絵本を楽しむことで、おかあさんも赤ちゃんも笑顔になってくれたら、実演者も幸せです。

 

IMG_0016

実演を見ながら、読み聞かせのポイントがわかります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の開催は、年が明けて、1月13日(水)11時からの予定です。

コロナウイルス感染症対策のため、事前予約、3組までとさせていただいています。

「赤ちゃんと絵本で楽しむ相談室」、みなさまのお越しをお待ちしています。

 スタッフYN

 

いよいよクリスマス&お正月モードへ

 

 11月も早くも半ば。気温もぐっと低くなり、日常生活でも冬服の準備やストーブを出し始める頃ではないでしょうか。

 

 さて、図書館にも、冬にぴったりな本のコーナーができました。

まず1つ目は、児童架にあるクリスマスコーナーです。

クリスマスコーナー (2)

誰かにプレゼントしたくなる本が見つかるかも…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 236冊揃えたクリスマスの本の中から、今回はオススメの本を2冊ご紹介します。

 

ちびうさ203-resize

「ちびうさクリスマス!」 ハリー・ホース/作 千葉 茂樹/訳 光村教育図書/出版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サンタさんに、赤いソリをお願いしたちびうさ。お願いどおり、赤いソリをもらうことができ、早速、遊びに出かけます。果たして友達と仲良く遊ぶことができるのでしょうか? わがままできまぐれ、だけど憎めないちびうさのお話です。

 

まどから204-resize

「まどから☆おくりもの」 五味 太郎/作・絵 偕成社/出版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリスマスにプレゼントを届けに行くサンタさん。この家には誰が住んでいるのかな?誰のお家か、窓からしか分かりません…。この本は、家の窓が切り抜かれているしかけ本になっています。窓の中が気になって、ワクワクしながら、次のページをめくれます。

 

 次に紹介するのは、新刊案内のお隣に設けた年賀状コーナーです。

 

正月コーナー

年賀状や手紙に関する書籍が68冊!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらでもおススメの本を紹介します。

季節のはがき

手作りで自己表現!季節のはがき  角川SSコミュニケーションズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 消しゴムはんこや切り絵など、年賀状や手紙を少しオシャレにできる技法が掲載されています。中でも、鶴の消しゴムはんこと水性ペンで書いた竹が描かれた作品は、とても見栄えがよいデザインだと思いました。

今年の年賀状は、いつもとは違う一工夫を入れてみませんか?

 その他にも、干支のデザイン集やパソコンでの年賀状の作り方、また、オリジナルスタンプの作り方等紹介した本を幅広く取り揃えています。

 

今年も残すところ後、2か月を切りました。

まだまだ、新型コロナウイルスの影響が続きそうですが、お体に気を付けて、今年の冬をお過ごしください。(職員F)

 

赤ちゃん絵本相談室 始めました

水巻町図書館では、11月から赤ちゃん絵本の相談室を始めました。

コロナウイルス対策のために実施できない「赤ちゃんと楽しむおはなし会」にかわるものです。

 

どんなふうに読めばいいの?赤ちゃんはどんな絵本を喜ぶの?といった疑問に、

実演をまじえながらスタッフがお答えします。

 

赤ちゃんは、5,6カ月頃から認知が始まり、身近な人に語りかけられることをとても喜びます。わらべうたや絵本で、赤ちゃんにいっぱい語りかけてあげましょう。

図書館のスタッフは、そのためのお手伝いをぜひしたいと思っています。

 

 

 

「よ・だ・れ」 小風さち/文 及川賢治/絵 福音館書店

「よ・だ・れ」 小風さち/文 及川賢治/絵 福音館書店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あーちゃんはよだれがいっぱいでます。

ぶくぶく ぶう」

わらっても ないても 「やややーん よよよーん」

 

 

この絵本は、大きく赤ちゃんの顔が描かれ、1ページにひとつの事象という、赤ちゃん絵本の要件をみたしています。

オノマトペでやさしい語感の言葉。笑っても泣いてもよだれがあふれる赤ちゃんを見て、そうそう、赤ちゃんって、そういうもの、と、子育ての経験のある人ならほほえましく読むことができます。

そして、絵本の最後。あーちゃんがよだれをいっぱい出していたのには、とっても大切な理由があったのです!

 

赤ちゃんの成長と笑顔は、何よりも幸せのタネですね。

毎月第2水曜日11時から、おおむね30分程度の予定で行います。

なお、コロナ禍やインフルエンザ流行の折り、赤ちゃんの安全を考慮し、事前申込みとし、親子で3組までの参加とさせていただきます。

12月は、9日(水曜日)に開催予定です。

参加のご希望は、図書館のカウンター、若しくはお電話にてお伝えください。

感染症への対策をして、視聴覚ホールで、みなさまをお待ちしています。

 

(スタッフY・N)

 

旅する本棚

気が付けば日中もだいぶ涼しくなってきて、外では金木犀のいい香りがしてくる季節になりました。

本来ならまさに行楽のベストシーズンですが、今年はまだ自粛…と考える方もいらっしゃるのではないかと思います。

今月の水巻町図書館の展示は、「旅する本棚」と銘打って、古今東西様々な「旅」をテーマにした本を集めてみました。実際に遠くへ出かけるのは難しいかもしれませんが、本の中でなら世界中どこへだって行ってみることができます。

読書の秋、そしてステイホームの秋の夜長のお供に一冊いかがでしょうか。

旅する本棚

“旅”のガイドは図書館がつとめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども向けの本から、小説や写真集はもちろん、ちょっとマニアックなものまで色々な本がそろっていますよ。棚にあるとなかなか出会えない運命の一冊が見つかるかも?(スタッフE.N)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

距離を保って、play in English!

9月も後半になり、日中の暑さはまだまだですが、日によっては、ずいぶん過ごしやすくなってきました。

919日(土)は、「タミー先生と英語で遊ぼう!」が開催されました。

新型コロナウイルス感染対策として、入場前に検温を行い、ソーシャルディスタンスを保つため、参加者を6組に限定しての開催となりました。

 

IMG_0028-resize

How is the weather today?(今日の天気は?)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天候を尋ねられた参加者は、sunny() cloudy() rainy()と書かれた紙を指をさしながら、答えていきます。

他にも距離を保ちながら、近くの方と天気について質問をやり取りしていました。

新型コロナウイルス感染防止のため、大きな声で話はできませんでしたが、軽く体を動かしつつ、タミー先生に続いて発音をすることで積極的に「英語の遊び」ができたのではないでしょうか。

次回の「タミー先生と英語で遊ぼう!」は、来月1017日(土)の1320分から開催予定です。

その際も入場前に検温させていただき、6組限定ですので、予めご了承ください。(職員F)

会いたいあの人に贈りたい絵本

大切な人にもう長い間会えないでいる…今、そんなもどかしい気持ちをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

水巻町図書館、今月からの児童架展示テーマは、「会えないあの人に贈りたい絵本」です。

展示2.0

会えない人に贈りたい…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「会いたい気持ち」や「希望」「つながっているよ」そんなキーワードで絵本を集めました。そのなかでおすすめの絵本を1冊ご紹介します。

ヒワとゾウガメ091-resize

『ヒワとゾウガメ』                         安東みきえ/さく ミロコマチコ/え  佼成出版社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ヒワとゾウガメ』 安東みきえ/さく、ミロコマチコ/え、佼成出版社 です。

主人公はもうずいぶん長く生きているゾウガメと、おしゃべりな一羽のヒワ。

ヒワは、ゾウガメの甲羅の上に乗って「あたしたちともだちだから いつもいっしょだよ」といいます。けれどもゾウガメは、「仲良くなった小鳥はみんないなくなってしまった。いつか自分をおいていなくなってしまうのなら、ともだちになどならないほうがいい…。」と、ヒワの気持ちをうっとうしくさえ思っていました。

ある日ゾウガメは、ヒワから海のむこうにいるゾウという生きものの話を聞きます。自分の仲間かもしれないと胸をおどらせるゾウガメ。そんなゾウガメのために、ヒワはゾウをさがしてくるといって、海の向こうへ飛び立ち、そのまま何日ももどって来なくて…。

担当の編集さんは、安東みきえさんの原作文を読んで、ミロコマチコさんの描く大胆で繊細なカメの絵をすぐ思い浮かべ、この顔ぶれの絵本ができあがったそうです。帰ってこないヒワを待つゾウガメの暗い気持ちを描くページ、太陽ののぼる海のかなたに小さくヒワの姿を見つけて必死で駆けるゾウガメを描くページ。ミロコマチコさんの画力が、ゾウガメとヒワの友情を描き出して圧巻です。

大切なひとやものの存在に気づかせてくれる絵本です。ぜひ、手にとられてみてください。(スタッフY・N)