Monthly Archiv: 10月, 2014

「あしや砂像展」によむぞうくん、出現!

11月1日から芦屋海浜公園で開催される「あしや砂像展」に図書館のPRのため、月曜日の休館日を利用して、職員・スタッフが現地に赴き、当館のイメージキャラクターである「よむぞうくん」の砂像を作成して来ました。

 砂像作りは、全員が初めての経験で、砂像展の事務局の方に丁寧に教えていただきながらの作成でしたが、私を除く、スタッフ・職員は呑み込みが早く、中には、職人顔負けの手さばきの職員・スタッフもいて、館長である私は、ただただ驚くばかりでした。

全員スコップ片手に悪戦苦闘。次の日は腰痛がひどかったです。

全員スコップ片手に悪戦苦闘。次の日は腰痛がひどかったです。

 

まさに職人技!スタッフFさんが次々と作品を作りあげていきます。

まさに職人技!スタッフFさんが次々と作品を作りあげていきます。

 

I係長が左官職人並みの手さばきで形を整えています。

I係長が左官職人並みの手さばきで形を整えています。

 

出来上がった作品を凝固剤でスタッフIさんが固めてくれました。

出来上がった作品を凝固剤でスタッフIさんが固めてくれました。

 

職員Mさんが芦屋町のM係長に手伝っていただき、砂像のロゴを刻んでいます。

職員Mさんが芦屋町のM係長に手伝っていただき、砂像のロゴを刻んでいます。

 

最後に砂像設計者であるスタッフHさんが出来上がり具合を念入りにチェックしてくれました。

最後に砂像設計者であるスタッフHさんが出来上がり具合を念入りにチェックしてくれました。

 

 出来上がってみると、他の作品にも見劣りしない素晴らしい出来栄えとなりました。(芦屋町のM係長、ありがとうございました。)

完成です。休日返上でがんばってくれた職員・スタッフのみなさん、ありがとうございました。

完成です。休日返上でがんばってくれた職員・スタッフのみなさん、ありがとうございました。(一番私が役に立っていませんでした。ごめんなさい。)

 

 みなさんも「あしや砂像展」に行かれたときは、当館の職員・スタッフが精魂を込めて作った作品をご覧くださいね。また、是非、図書館にも足を運んでいただき、実物の「よむぞうくん」にも会いに来てくださいね。(館長F)

※ あしや砂像展(2014 冬の砂物語)は、11月1日(土)から12月25日(木)の期間で芦屋町海浜公園で開催されます。くわしくは砂像展ホームページをご覧ください。

  (ホームページアドレス: http://www.ashikan.jp/sazouten

図書館スタッフよるお話し会が行われました。

コスモスが満開の季節を迎えると毎年水巻町では、ビッグイベントのコスモスまつりが開催されます。開催日が25・26日となっており終日天候にも恵まれたくさんの方でにぎわった事だと思います。

26日の図書館イベントでは、スッタフによるお話会を開催しました。来館者を見渡すとちびっこ達がいつもの日曜日より少なく、コスモスまつりの烈車戦隊トッキュウジャー・ショーの影響かな?と思うぐらいでした。それでも、図書館に遊びに来てくれたちびっこ達みんながお話会に参加してくれましたよ。

今日は、秋にちなんだお話会となりました。まず始めに手遊び歌で「とんとんとんとんアンパンマン」からでした。

resize0184

スタッフに合わせ上手にリズムをとることができましたね。

次に、ちびっこのリクエストから「おべんとうバス」のお話をしました。

resize0183

おかずやおにぎりがバスに乗って出かけましたよ。

行楽の秋にぴったりのテーマでしたね。

続いて秋と言えば食欲の秋でもありますね。お話は「いもほりやま」のお話。

resize0185

今日は、一列となってお話を聞いています?

自然科学の本から「ドングリとリス」のお話をしました。

resize0190

ドングリの成長をしっかりと聞いてますよ

折り紙遊びでは、折り紙で作られたどんぐりにちびっこ達は、マジックで顔を書き入れることができましたね。

resize0186

一生懸命に顔を書きました

最後のお話は、「あきですよ」となっていました。秋らしい色使いもきれいな絵本でした。

今回、図書館に来られなかったちびっこは、11月も楽しいお話会を開催しますので、みんなで遊びに来てくださいね。次回のスタッフによるお話会は、11月23日(日)の14:00~からです。(図書館員i)

 

絵本は子どもが最初に出逢う芸術

秋が深まり、読書によい季節ですね。

水巻町図書館では、今年度の標語「めくるめぐる本の世界」のテーマのもと、読書週間の展示架を展開中です。

児童架の展示も、秋の絵本に加えて、絵本作家さんの画集や制作・アトリエ風景を扱った特集に模様替えしました。

絵本作家の画集や制作・アトリエ風景を扱った展示架を作りました。

絵本作家の画集や制作・アトリエ風景を扱った展示架を作りました。

 

エロール・ルカインやセンダック、赤羽末吉など、画集になるとたいそう見ごたえがあります。

見応えのある「赤羽末吉」や「エロール・ルカイン」などの画集を集めてみました。

見応えのある「赤羽末吉」や「エロール・ルカイン」などの画集を集めてみました。

 

絵本は、子どもが人生で最初に出逢う芸術ではないかと思います。あなたがこれから歩む人生には、こんなに美しい風景があるんだよと、絵本をめくることで伝えてあげられたら、どんなにすばらしいでしょう。

ぜひ、絵本作家さんのすばらしい仕事の数々を、秋の夜長に堪能されませんか?

(スタッフN)

イケメンお兄さんこと、「ひとりふくちゃんず」のお話し会が行われました。

 10月19日(日)14時からイケメンお兄さんこと、「ひとりふくちゃんず」によるお話し会が行われました。町内在住の「ふくちゃん」が行うのお話し会は、毎回、会場内でのちびっこたちの笑い声が絶えず、お奨めのお話し会です。常に子どもの目線で進めていただいている「ひとりふくちゃんず」のお兄さんによるお話し会は、町内のみならず、町外からも問い合わせが多く、人気のお話し会のひとつとなっています。

 今日も会場となった「おはなしのおうち」には、元気なちびっこたちの笑顔で溢れていましたよ。

まずは、じゃいけんゲームで準備運動です。

まずは、じゃいけんゲームで準備運動です。

 

絵本を使って、お野菜の名前当てです。

絵本を使って、お野菜の名前当てです。

 

人気の絵本、しゃっくりがいこつの弓聞かせを行いましたよ。ちびっこのみんなは、真剣そのものです。

「しゃっくりがいこつ」という絵本をみんなで読みましたよ。ちびっこのみんなは、真剣そのものです。

 

 次回は、少し間が空きますが、来年の1月18日(日)午後2時からです。

ちびっこのみなさん、「ふくちゃん」に会いにたくさん来てくださいね。(館長F)

ラルフ先生の「英語となかよし」を行いました。

もうすっかり定着したラルフ先生の「英語となかよし」。今日は、館内の視聴覚ホールで開催中の催し物のため、児童コーナー「おはなしのおうち」で開催されました。

会場が変わったことと、近隣の各所でイベントが多く開催されていたこともあり、ちびっこのみなさんに来ていただけるか心配でしたが、始まってみると、「おはなしのおうち」から溢れるくらい、たくさんのちびっこに来ていただきました。

今日もたくさんのちびっこに来ていただきました。

今日もたくさんのちびっこに来ていただきました。

 

さて、今日の「英語となかよし」のテーマはハロウインについてです。

まずは、10月などの月を英語でなんというかを絵本を使ってお勉強しました。

まずは、10月などの月を英語でなんというかを絵本を使ってお勉強しました。

 

ハロウインについて、絵本を使ってお勉強です。

ハロウインの絵本を使ってお勉強しました。

 

 ハロウインと言えば、子どもたちが、仮装をして家々を回り、お菓子をもらうことを頭に浮べると思うのですが、ちびっこのみんなに「おはなしのおうち」を家に見立てて、その体験していただきました。仮装は難しいので、ラルフ先生にキテイちゃんなどのお面をご用意していただき、仮装(?)の準備です。

気に入ったお面はあったかな。

気に入ったお面はあったかな。

 

気に入ったお面をつけて「おはなしのおうち」に訪ねてくれました。

可愛いお面をつけて「おはなしのうち」を訪問してもらいました。

可愛いお面をつけて「おはなしのうち」のドアをトントン。 「TricK or treat! 」 うまく言えたら、ラルフ先生からプレゼントがありますよ。

 

ハロウインと言えば、もうひとつ思い出すのが、お化けです。

お化け登場! 「Go away!」お化けを追い出しましょう。

ちょっと可愛いお化け登場!
「Go away!」力を合わせて、お化けを追い出しましょう。(スタッフFさん、お疲れさまでした。)

 

 今日も汗だくになりながら、ラルフ先生にがんばっていただきました。ありがとうございました。

次回は、11月23日(日)11:00からの予定で、場所も視聴覚ホールにもどります。ちびっこのみなさん、また、ラルフ先生と楽しく遊びましょうね。(館長F)

CHIKAさんによるピアノ演奏♪

毎月第一・第三水曜日に

爽やかな軽音楽を奏でている、CHIKAさんです。

毎月第1・第3水曜日に演奏していただいているCHIKAさんです。

いつ聴いても心地良いメロディです

10月もみなさんがよく知っている曲で心地良く図書館を包みこみました。

10月の曲目は 

♪happy birthday ♪still ♪ゴルトベルク変奏曲「アリア」 ♪G線上のアリア  

♪別れの曲♪モルダウ♪longing love(憧れ 愛)♪本日の気分で・・・★となっていました。

曲目はわからないけど、どこかで聴いた曲かな~と思いますよ。

11月は、5日(水)と19日(水)の11:30~となっています。

11月ではどのような曲目を演奏していただくのでしょうか?CHIKAさんに聴いてみたい曲目があれば、リクエストをしてくださいね。

CHIKAさんの演奏は、毎月2回だけの演奏となっていますので、聴き逃しなく来館されてくださいね。(図書館員i)

 

ブックトークを行いました。

   みなさん、ブックトークをご存じですか?

ブックトークとは、あるテーマに沿って、その関連する本の紹介を行うもので、子どもの本への関心を深めるための有効な手段として、考えられたものです。   水巻町図書館でも、毎年町内の小中学校に対して、図書館スタッフが各学校に赴き、行っています。

 

 今回も町内の伊左座小学校から要請があり、6年生は、国語で宮沢賢治作の「やまなし」を習うということで、「宮沢賢治の本」をテーマにブックトークを行ってきました。
 伊左座小学校6年生は、ブックトークが初めてということで、初めは緊張した面持ちで聞いていましたが、図書館スタッフが宮沢賢治の本の数々をエピソードを交えて話しを進めるうち、みんなキラキラした目で真剣に聞いてくれました。

宮沢賢治をテーマにブックトークを行いました。

宮沢賢治をテーマにブックトークを行いました。

 

最後は宮沢賢治が作詞・作曲した「星めぐりの歌」のCDを聞きながら、代表作「銀河鉄道の夜」を紹介しました。

最後は宮沢賢治が作詞・作曲した「星めぐりの歌」のCDを聞きながら、代表作「銀河鉄道の夜」を紹介しました。

 

 伊左座小学校6年生のみなさん、今日紹介した本は、学校の図書室と図書館に置いていますので、たくさん読んで宮沢賢治の世界に浸ってくださいね。(館長F)

講演会と絵画見学会を行いました。

今開催中の「大貝彌太郎遺作展PART2」に関連して、10月10日(金)に、町内在住の画家で当遺作展の実行委員会委員長である「佐藤 幸乃氏」をお招きして、「講演会と夜の絵画見学会」を行いました。佐藤先生は、大貝画伯と画伯が遺した絵画について、長年研究をされており、今回の遺作展の発起人の中のおひとりです。

講演会には、約50人のお客様に来ていただきました。

講演会には、約50人のお客様に来ていただきました。

 

長時間に及ぶ講演でしたが、佐藤先生に大貝画伯とその絵画1枚1枚について、様々な視点から詳しく説明していただき、参加されたお客様と一体となった内容となり、大満足の講演会でした。

 

佐藤先生には、絵画1枚1枚丁寧に説明していただきました。

佐藤先生には、絵画1枚1枚丁寧に説明していただきました。

 

 この講演会を通じて、大貝画伯が遺された作品の素晴らしさについて、理解が深まりました。

 佐藤先生、ありがとうございました。(館長F)

「大貝彌太郎に捧げるコンサート」を開催しました。

 現在開催中の大貝弥太郎遺作展の関連イベントとして、10月4日(土)に当館のエントランスホールでコンサートが開催されました。

 本日行われた公演は大盛況で、約100人の観客が美しい音色に耳を傾けました。

 このコンサートは、郷土の画家である故大貝弥太郎さんと温子夫人、そして、その作品を紹介する活動に関わってきた方々に共感した、水巻町在住のご夫婦ユニット「DUO アランフェス」がふるさと水巻のために何か役立ちたいという思いから、昨年に引き続き実現したものです。

 ヴァイオリンの佐藤京子さん、ギターの新さんにより、「いつも何度でも」や「若者たち」、「雨降りお月さん」、そして、朝の連続ドラマ小説で人気を博した「にじいろ」といったお馴染みの曲が大貝画伯の作品をバックに奏でられました。終盤の「ふるさと」などでは、来場されている方々による大合唱となり、、会場はとても和やかな雰囲気に包まれ、大変盛り上がったものとなりました。演奏も素晴らしかったのですが、優しいまなざしのお二人はとても素敵なご夫婦でした。

 

お二人が奏でる優しい音色にみなさん、ウットリしてました。

お二人が奏でる優しい音色にみなさん、ウットリしてました。

 

  「DUO アランフェス」のおふたり、ありがとうございました。(館長F) 

 

 

「大貝彌太郎遺作展 PART2」を開催しています。

 郷土が生んだ画家、大貝彌太郎氏の作品の数々を広く町民のみなさんに知っていただくために、昨年10月に開催され、話題を呼びましたPART1に引き続き、10月4日(土)~11月3日(月)の期間で、「大貝彌太郎遺作展 PART2 」を開催しています。

 今回は、38歳の若さでその生涯を閉じました長崎県諫早市にあった長崎地方航空機乗員養成所時代のものを含め、油絵やデッサン画など150点以上、大貝画伯が描かれた作品がi時代ごとに展示しており、その時代時代を背景とした重厚な作品の数々が来場された多くのお客様を魅了しています。

 

お客様が大貝画伯の代表作「飛行兵立像」を熱心に見入っています。

お客様が大貝画伯の代表作「飛行兵立像」を熱心に見入っています。

 

油彩やデッサン画など大貝画伯の遺作を多数公開しています。

油彩やデッサン画など大貝画伯の遺作を多数公開しています。

 

 みなさんも是非、ご来館いただき、作品を通じて、大貝彌太郎画伯の生涯を体感してください。(館長F)