Daily Archiv: 日曜日 - 12 10月 2014

ブックトークを行いました。

   みなさん、ブックトークをご存じですか?

ブックトークとは、あるテーマに沿って、その関連する本の紹介を行うもので、子どもの本への関心を深めるための有効な手段として、考えられたものです。   水巻町図書館でも、毎年町内の小中学校に対して、図書館スタッフが各学校に赴き、行っています。

 

 今回も町内の伊左座小学校から要請があり、6年生は、国語で宮沢賢治作の「やまなし」を習うということで、「宮沢賢治の本」をテーマにブックトークを行ってきました。
 伊左座小学校6年生は、ブックトークが初めてということで、初めは緊張した面持ちで聞いていましたが、図書館スタッフが宮沢賢治の本の数々をエピソードを交えて話しを進めるうち、みんなキラキラした目で真剣に聞いてくれました。

宮沢賢治をテーマにブックトークを行いました。

宮沢賢治をテーマにブックトークを行いました。

 

最後は宮沢賢治が作詞・作曲した「星めぐりの歌」のCDを聞きながら、代表作「銀河鉄道の夜」を紹介しました。

最後は宮沢賢治が作詞・作曲した「星めぐりの歌」のCDを聞きながら、代表作「銀河鉄道の夜」を紹介しました。

 

 伊左座小学校6年生のみなさん、今日紹介した本は、学校の図書室と図書館に置いていますので、たくさん読んで宮沢賢治の世界に浸ってくださいね。(館長F)

講演会と絵画見学会を行いました。

今開催中の「大貝彌太郎遺作展PART2」に関連して、10月10日(金)に、町内在住の画家で当遺作展の実行委員会委員長である「佐藤 幸乃氏」をお招きして、「講演会と夜の絵画見学会」を行いました。佐藤先生は、大貝画伯と画伯が遺した絵画について、長年研究をされており、今回の遺作展の発起人の中のおひとりです。

講演会には、約50人のお客様に来ていただきました。

講演会には、約50人のお客様に来ていただきました。

 

長時間に及ぶ講演でしたが、佐藤先生に大貝画伯とその絵画1枚1枚について、様々な視点から詳しく説明していただき、参加されたお客様と一体となった内容となり、大満足の講演会でした。

 

佐藤先生には、絵画1枚1枚丁寧に説明していただきました。

佐藤先生には、絵画1枚1枚丁寧に説明していただきました。

 

 この講演会を通じて、大貝画伯が遺された作品の素晴らしさについて、理解が深まりました。

 佐藤先生、ありがとうございました。(館長F)