Daily Archiv: 水曜日 - 03 6月 2015

雨の季節の展示架

 梅雨に入り、しっとりと咲く紫陽花が美しい季節になりました。蔵書点検中、利用者のみなさまにはご不便をおかけしました。梅雨の季節、雨音を聞きながらの読書にお勧めの本を展示架にならべてみました。ぜひ、ご利用ください。

 一般展示架は、まず表面が 「松下村塾」に関する資料です。松下村塾は、九州・山口の日の近代化産業遺産群のひとつとして、ユネスコの世界遺産暫定リストに記載され、勧告を受けたことで注目を集めています。幕末の1年間ほどの短い期間に、維新や日本の近代化を推進する人材を多く輩出した松下村塾とは、 どのような場所であったのか。さまざまな資料を集めてみました。

松下村塾

今月の一般架の表の展示架は「松下村塾」に関する資料集めてみました。

 

 

 裏面は、星野道夫さんの著作です。星野道夫さんは、アラスカの大自然に魅かれ、その地で写真を撮り、メッセージを発信し続けた人です。2階にある全集を中心に、写真集やエッセイなどを置いています。美しい写真と言葉をぜひ、味わっていただきたいと思います。

裏面が星野道夫さんの美しい写真集やエッセイなどを展示しています。

裏面が星野道夫さんの美しい写真集やエッセイなどを展示しています。

 

 

 児童の展示架と、YAの展示架は、どちらも雨の本を中心にセレクトしています。また、児童の展示架には、6月ということで、プール開きの本や父の日の本も置いています。

児童コーナーとYAの展示架は雨をテーマとした本を集めてみました。

児童コーナーの展示架は雨をテーマとした本を集めてみました。
YAにも同じテーマの本を展示しています。 

 

 

 そして今回の蔵書点検でリニューアルした暮らしの棚にも、展示架スペースを設けました。梅仕事など、旬を感じていただけたら、という本を集めています。(スタッフN)

 

 

 

特別整理期間で、館内をリニューアルしました。

特別整理期間中に新しいコーナー設置など、プチリニューアルしました。

 

 

1.郷土資料のコーナーを新たに設置しました。

 昨年度、当館で遺作展を開催し、好評を博した大貝彌太郎画伯など、郷土出身の画家や作家に関連する資料を集めたコーナーをカウンター横に設置しました。コーナーの前には、椅子がありますので、ゆっくりと郷土が生んだ画家などの功績をお楽しみください。

郷土の棚

 

 

 

2.点字本をわかりやすい場所に移動しました。

 目のご不自由な方にも読書を楽しんでいただけるように、点字に関連する資料を通路からも見やすい場所に移動しました。点字の本については、今後も資料の充実を図っていきます。

利用しやすいように点字の本を通路から見えるところに移動しました。

 

 

 

3.国語の教科書で紹介され本を集めた棚を作りました。 

 小学校の国語の教科書で紹介された本を集めた棚を設置しました。各学年ごとに分けていますので、教科書で興味を持った物語などをもう一度、本で読んでみるのもいいですよ。

国語の教科書で紹介された本を児童コーナーに集めました。

 

 

 

4.水巻や近隣市町の行政資料の配置をわかりやすい場所に移動しました。 

 水巻町や北九州市などの近隣市町の行政資料をレファレンスコーナーのわかりやすい場所に移動しました。調べ物学習などに是非、ご活用ください。

水巻を含め、近隣市町の行政資料をレファレンスコーナーの見やすい場所に移動しました。

 

 

 

 

 今後も水巻町図書館は、町民の皆様の身近で役に立つ図書館を目指し、日々進化をしていきますのでご期待ください。(館長F)