Monthly Archiv: 11月, 2015

「スタッフによるお話会」を開催しました

本日22日は、連休中により各所でイベント開催等があり、お出かけされた方も多かったと思います。図書館では、「おはなしのおうち」で「スッタフによるお話会」を開催しました。

さて、会場の「おはなしのおうち」では、ちびっこがたくさん集まっているのかなと思い、のぞいて見ると・・あれ!ちびっこが、少ない・・・。さては、みんなお出かけしたのかな?

しかし、その分、元気なちびっこが集まってくれましたよ。

3無題

Nさんお手製のくまさんの手遊びとしりとりの絵本です。しりとりの絵本の時に、どんどん前まで来て答えてくれましたよ。

4無題

Wさん(写真左)「ちょろりんのすてきなセーター」の読み聞かせです。Wさん作曲の歌も聞けましたよ。Mさん(写真中央)は「もりのてぶくろ」の読み聞かせでした。おはなしの時には、みんな集中してしっかりと聞いてくれますね。

8無題

左「やきいもグーチーパー」でお母さんたちもみんなで、じゃんけんの3回勝負だ!右はくまさん人形から枯葉のプレゼントです。

本日は、秋をテーマにした、盛りだくさんのおはなし会でした。次回は、たくさんのちびっこで「おはなしのおうち」がいっぱいになるとうれしいな♪

次回は、12月27日(日曜)14:00〜となります。平成27年最後のイベントとなりますので、みんなそろって遊びに来てくださいね。(図書館員i)

心温まる本をご紹介します。

今日は、心温まる絵本をご紹介したいと思います。

かあさんの下駄 中村ブン作 青海社

かあさんの下駄
中村ブン作
青海社

その絵本は、中村ブンさん作の「かあさんの下駄(青海社)」です。

この物語は、まだ日本が貧しかった時代が舞台となっています。

 

今の若いお父さんやお母さんには想像できないかもしれませんが、私より少し前の団塊の世代の方々が懐かしく思える時代の話です。

田舎から都会に出てきた主人公は訛りをバカにされ、家が貧しいことをバカにされ、お昼のパン代として渡された僅かなお金を節約して、子どもたちを養うために身を粉にして働くお母さんのために、赤い鼻緒の新しい下駄を買ってあげます。

まさか主人公がそんな思いをして買ってくれたとは思わないお母さんは、その下駄を主人公が盗んできたものと思って叱ってしまいます・・・。

 

今の時代の子どもたちにとって、「信じられない」とか「ダサイ」とか言って、軽く流してしまう話かもしれませんが、本当の意味で、親子の絆は心で結ばれていた時代があったということを教えてくれる作品です。

 

この物語は、実話だそうで、シンガーソングライターの中村ブンさんの歌詞をもとに作られ、発売当時、話題となった絵本です。子どもたちにも、この絵本を読んでもらいたいのですが、子どもたちに奨める前に、まずは若いお父さんやお母さんに是非読んでもらいたい一冊です。

今から寒くなる季節となってきますが、心温まる本を読んで、心だけでもポッカポッカになってくださいね。(館長F)

11月の展示「勤労感謝の日 ~仕事を楽しもう~」

皆さんもご存じのとおり、11月23日(月)は『勤労感謝の日』ですね。

勤労感謝の日は、働くことの大切さを知り、穀物の収穫をみんなで喜び、感謝する日として、国民の祝日に定められています。

 

11月の展示架は、この『勤労感謝の日』にちなんで、働く上で必要なマナーの本や、お仕事小説、児童向けの仕事本などを集めています。

 

11月の展示架は、「勤労感謝の日」にちなんで、 幅広く仕事についての本を集めてみました。

11月の展示架は、「勤労感謝の日」にちなんで、
幅広く仕事についての本を集めてみました。

 

幅広いジャンルから本を集めているので、どの年齢の方も楽しんで頂けるのではないでしょうか。きっと、「仕事を楽しもう!」と思える本に出会えるはずです。

毎日仕事や家事をがんばっている皆さま、是非手に取って読んでみて下さいね。

 

 

 

 

 (もうひとつの展示架について)

秋といえば、読書の秋、食欲の秋…“芸術の秋”ということで、もうひとつの展示架では音楽家「チャイコフスキー生誕175周年」をテーマに本を集めています。

 

チャイコフスキー生誕175周年」をテーマに本を集めています。

チャイコフスキー生誕175周年」をテーマに本を集めています。

 

 チャイコフスキーといえば、くるみ割り人形などのバレエ音楽が有名ですね。

関連本として、バレエ関係の本も展示しています。そして、このずらりとならんだ「作曲家別名曲解説ライブラリー」では、誰もが一度は耳にしたことのある、有名な音楽家の歴史について知ることができます。

本を通じて音楽を読み、読書の秋・芸術の秋の両方を楽しんでみませんか?(スタッフM)

「赤ちゃんと楽しむお話会」を開催しました

11月になり、ようやく山々の木々も色づき美しい紅葉の季節となりました。実は図書館の周囲にももみじが植えてあり徐々に赤く色づきをみせています。(他の木々で隠れてしまってます)

さて、今日は、いつもたくさんの赤ちゃんでにぎわう「赤ちゃんと楽しむお話会」を開催しました。

resize21513

赤ちゃんが絵本に集まってますよ

resize21515

大好きな絵本、一番近いところで

resize21516

いつもたくさんの赤ちゃんが集合です

お話会が終わっても集まったみなさんは、おはなしのお家で座談会をされていました。赤ちゃんを通してたくさんのお友達ができてるみたいですよ。まだ参加されていないという子育て中のお父さん、お母さん!「赤ちゃんと楽しむお話会」に遊びにきて、たくさんのお友達を作ってくださいね。

次回は、12月9日の水曜日11時からです.(図書館員i)

 

あの漫画家「長谷川 法世」先生が図書館に来てくれました。

 11月1日(日)14時より、当館の視聴覚ホールにおいて、「博多っ子純情」の作者で、テレビやCMなどでお馴染みの「漫画家 長谷川 法世 先生」をお招きして読書週間特別企画「長谷川法世 講演会」を開催しました。

 10月の27日により、今年の読書週間も始まりましたが、当館の今年の読書週間のテーマは郷土です。この読書週間において、改めて郷土の素晴らしさを皆さんに知っていただこうということで、「郷土の作家展」を町民ギャラリーで開催していますが、このテーマについて楽しいお話しを話していただける方、また、開館15周年に相応しい方をお呼びして講演会を開催しようと考えていたところ、郷土を拠点に各方面においてご活躍され、また郷土の歴史などを研究されておられる「長谷川法世 先生」をある方からご紹介いただきました。

 そこで、失礼ながら、先生にご連絡させていただいたところ、ご多忙にも関わらず、快くお引き受けいただき、講演会を行うことができました。改めて先生に御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 講演会のほうですが、会場となった視聴覚ホールは、急遽椅子を追加するほどの大盛況で、改めて、先生の知名度の高さをうかがわせるものとなりました。

 

 長谷川先生には、「本の森から郷土を探すーわけいってもわけいっても文字の山」と題して、郷土について、大いに語っていただきましたよ。

この日、お招きした漫画家 長谷川法世先生です。 前日のお仕事で、体調不良に関わらず、「郷土と読書」について、楽しいお話しを聞かせていただきました。

この日、お招きした漫画家 長谷川法世先生です。
前日のお仕事で、体調不良に関わらず、「郷土と読書」について、楽しいお話しを聞かせていただきました。

 

 

当初、先生には1時間程度の講演をお願いしていましたが、終わってみると 予定時間を大幅にオーバーしてお話しいただきました。

当初、先生には1時間程度の講演をお願いしていましたが、終わってみると
予定時間を大幅にオーバーしてお話しいただきました。

 

 

 講演会は、先生のお人柄も相まって、会場からの笑いも絶えず、終始和やかな雰囲気でした。先生、ありがとうございました。

 また、先生のご都合と合えば、お願いしたいと思います。その際は、よろしくお願いします。

                                                    (館長F)

 

スタッフによる「図書館であそぼう」開催しました

10月31日(土)に開催した「図書館であそぼう」のイベント紹介です。このイベントは、年に数回の第5土曜日だけに開催しています。いつもは、おはなしのお家で開催しているのですが、この日はたくさんのちびっこが遊びに来てくれましたので、視聴覚ホールで開催しました。

resize21501

たくさんのちびっこ集合しましたよ!

この開催日は、ハロウィンとあってちびっこ達はハロウィンにあわせた衣装で遊びに来てくれましたよ。

resize21503

ちびっこはハロウィンの衣装で製作中。スタッフWさんはハロウィンの衣装で指導中。

スタッフのWさんもハロウィンの衣装で登場したのですが、ちびっこ達の衣装には負けていましたね。

resize21500

この日のためにハロウィン衣装で遊びに来てくれました。見事に完成!

「図書館であそぼう」は、いつもたくさんのちびっこ達で賑わっています。次回は、来年1月31日の土曜日14時からです。忘れずにちびっこは遊びに来てね~。(図書館員i)