Monthly Archiv: 9月, 2016

折り紙作品展」と「折り紙教室」を開催

9月も中旬を過ぎ、幾分過ごしやすい気候となりましたが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、9月は当館の開館記念月間ということで、当館で活躍されていますボランティアの皆さんにご協力いただき、様々なイベントを実施しています。

今日は、「折り紙ボランティア水巻」の皆さんにご協力いただいた「折り紙作品展」と「折り紙教室」をご紹介いたします。

開館月間に合わせて毎年、「折り紙ボランティア水巻」の皆さんに過去に作られた作品やテーマに沿って作っていただいた作品の展示を今年は9月22日(水)~25日(日)の期間に当館の町民ギャラリーで行い、多くの皆さんにご覧いただいたところです。今年のテーマは童話「白雪姫」で、物語の場面に応じた折り紙で作られた見事な作品を展示していただきました。

 

場面の展開ごとに折り紙で作られた作品は 見応え十分! 来場者の皆さんは食い入るように見ていたのが印象的でした。

場面の展開ごとに折り紙で作られた作品は
見応え十分!
来場者の皆さんは、作品を食い入るように見ていたのが印象的でした。

 

これらはどの場面かわかりますか。 そう、あの場面です!

これらはどの場面かわかりますか。
そう、あの場面です!

 

その他にも、過去に作られた作品などを展示していただきました。 どれも、素晴らしい出来栄えでした。

その他にも、過去に作られた作品などを展示していただきました。
どれも、素晴らしい出来栄えでした。

 

また、昨日と今日、このブログでも何度かご紹介させていただいたことがある「折り紙教室」を、併せて開催していただきました。

毎回盛況の折り紙教室! 今日も多くの方にお越しいただきました。

毎回盛況の折り紙教室!
今日も多くの方にお越しいただきました。

 

今日、皆さんに作っていただくものはこれです。 読書の秋にちなんだ「しおり」と今、話題の「ピカチュー」です。

今日、皆さんに作っていただくものはこれです。
読書の秋にちなんだ「しおり」と今、話題の「ピカチュー」です。

 

完成を祝して記念撮影です。 見事な「しおり」ができました。

完成を祝して記念撮影です。
見事な「しおり」ができました。

 

こちらも記念撮影! 写真では、よくわかりませんが、見事な「しおり」と可愛い「ピカチュー」が完成しました。

こちらも記念撮影!
写真では、よくわかりませんが、見事な「しおり」と可愛い「ピカチュー」が完成しました。

 

毎年見事な作品を展示していただいている「折り紙ボランティア水巻」の皆さん、ありがとうございました。次回は、クリスマスファンタジアに素晴らしい作品を展示していただけるとのことで、すごく楽しみです。

また、折り紙教室の次回の開催は、10月22日(土)13時30分からです。

多くの方のご来場をお待ちしています。(館長 古川)

子どもこそ未来!「松居友講演会」を開催

敬老の日の9月19日14時より当館の視聴覚ホールにおいて、児童文学家・絵本作家の松居友さんをお招きして、「絵本を介した子どもの成長と親子の絆づくり」と題して、講演会を実施しました。

当日は台風の影響で来場開催自体が危惧されましたが、定刻になり、いざ、開場してみると約70名の方々に来場していただき、松居さんの知名度の高さを改めて認識するものとなりました。

 

会場となった視聴覚ホールは、ほぼ満席状態。 松居さんの講演会に対して期待度の高さがわかります。

会場となった視聴覚ホールは、ほぼ満席状態。
松居さんの講演会に対して期待度の高さがわかります。

 

こちらが本日の講師、松居 友さんです。

こちらが本日の講師、松居 友さんです。

 

 

 

 

ここでもご紹介いたしましたが、松居さんは、福武書店(現ベネッセ)児童書部の初代編集長を務めた経験から、多くの絵本編集に携わり、世界的な編集者として知られています。また、2003年より紛争が続くフィリピンのミンダナオ島で「ミンダナオ子ども図書館」を立ち上げ、紛争により孤児になった子どもたちを様々な形で支援活動を行っておられます。それらミンダナオ島の子どもたちの話を交えながら、絵本の素晴らしさを話していただきました。

 

松居さんの優しい語り口調に会場の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

松居さんの優しい語り口調に会場の皆さんは熱心に耳を傾けていました。

 

松居さんに、最新の絵本、「サンパギータのくびかざり」の読み聞かせを行っていただきました。 聞いていると、なんだか懐かしい感じのする気持ちが優しくなれる絵本です。 是非、読んでみてください。

松居さんに、最新の絵本、「サンパギータのくびかざり」の読み聞かせを
行っていただきました。
聞いていると、気持ちが優しくなれる絵本です。
 是非、読んでみてください。

 

現在、日本では、友情や隣人愛などのコミュニティーが失われてきています。松居さんは、日本の子どもたちの現状について、かなり危機感を持っておられました。また、絵本についても、昔からある良き絵本が次々と絶版になっている現状にも、憂いを持っておられました。

 

 

 

 

講演の最後に熱心な方から、松居さんに多くの質問が寄せられていました。 この方は、松居さんのお父さんの松居 直さんをよくご存じとのことでした。

講演の最後に熱心な方から、松居さんに多くの質問が寄せられていました。
この方は、松居さんのお父さんの松居 直さんをよくご存じとのことでした。

 

 

今日は、「サンパギータのくびかざり」の原画を描 かれたボン・ペレスさんも お越しいただいていますので、一言お言葉をいただきました。 大変お上手に日本語を話されたので、びっくりしました。

今日は、「サンパギータのくびかざり」の原画を描かれたボン・ペレスさんも
お越しいただいていますので、一言お言葉をいただきました。
大変お上手に日本語を話されたので、びっくりしました。

 

講演終了後、松居さんとペレスさんによるサイン会が行われました。 皆さん、松居さんのお人柄に魅かれているようでした。

講演終了後、松居さんとペレスさんによるサイン会が行われました。
皆さん、松居さんのお人柄に魅かれているようでした。

 

 

講演会を終えて帰られる方々は、「今日はいい話がたくさん聞けてよかった!」と口々に話されていたのが大変印象的でした。私も松居さんの行動力と、そのお人柄に魅かれたひとりです。

松居さん、ありがとうございました。また、松居さんのご都合が合えば、当館にお越しいただきたいと思っています。その際はよろしくお願いします。(館長 古川)

秋の図書館寄席を開催

9月11日(日)15時から、当館視聴覚ホールにおいて、秋の図書館寄席を開催しました。

当館での寄席は、昨年の同時期に開催をさせていただきましたが、大変好評を博し、「噺の会じゅげむ 小倉出張所」の代表である山椒家小粒様にご相談させていただいたところ、ご多忙に関わらず、気持ちよくご承諾いただき、開催することができました。

今回は、読書の秋ということで、桂文枝の創作落語「読書の時間」を演目とした大人向けの高座を小粒さんに演じていただきましたよ。

 

 

会場となった視聴覚ホールは満員御礼!急遽、椅子を増設しました。

会場となった視聴覚ホールは満員御礼!急遽、椅子を増設しました。

 

 

 

 

まずは、当館司書のKさんにこの秋おすすめの本を ブックトークという手法で皆さんに紹介させていただきました。 寄席の後、多くの方が今日紹介した本を借りて行かれました。 (Kさん、お疲れ様でした。)

まずは、当館司書のKさんにこの秋おすすめの本を ブックトークという手法で
皆さんに紹介させていただきました。
寄席の後、多くの方が今日紹介した本を借りて行かれました。
(Kさん、お疲れ様でした。)

 

 

 

本日2回目となる山椒家小粒さんの登場です。 昨年の寄席にも参加されたお客様の多くおられ、小粒さんの知名度は抜群です。

本日2回目となる山椒家小粒さんの登場です。
昨年の寄席にも参加されたお客様も多くおられ、小粒さんの知名度は抜群です。

 

 

本日演じていただく演目はかなりアダルトな内容の「読書の時間」。 前列にお子様もおられたので、小粒さんは少し戸惑っていました。

本日演じていただく演目はかなりアダルトな内容の「読書の時間」。
前列にお子様もおられたので、小粒さんは少し戸惑っていました。 しかし、いざ始まると、お子様も含め、会場は大盛り上がり!
小粒さんの巧みな話芸には、ただただ驚くばかりです。

 

 

ここでトラブル発生です!

小粒さんの高座が終了したあと、今日の演目で登場した作家に関する「クイズ大会」を行ったのですが、今日ご来場いただいた皆さんは、「図書館ヘビーユーザー」の方ばかり。私の出した問題が簡単過ぎたこともあり、予定した時間よりかなり早く終了してしまいました(どうしよう・・・)。

そこで、急遽、小粒さんに落語で色物と言われている「紙切り芸」を披露してもらいました。

小粒師匠、すみませんでした・・・。

 

昨年に引き続き、見事な紙きり芸を披露してもらいました。 出来あがった作品は、ご来場いただいた皆さんの中から 小粒さんにジャイケンで勝った方たプレゼントしていただきました。

昨年に引き続き、見事な紙きり芸を披露してもらいました。
出来あがった作品は、ご来場いただいた皆さんの中から
小粒さんにジャイケンで勝った方にプレゼントしていただきました。

 

 

昨年に引き続き、今回も大満足の図書館寄席でした。

小粒さん、本当にありがとうございました。

今後も、小粒さんのご都合のつくときに、図書館にお越しいただきたいと思っています。

次回は、更に楽しい企画を立てますので、皆さん、ご期待ください。(館長 古川)

落語と絵本のコラボ「えほん寄席」を開催

9月11日(日)14時より児童コーナー「おはなしのおうち」で「えほん寄席」を開催しました。

「えほん寄席」とは、絵本の読み聞かせを行ったあと、落語家さんにその絵本の内容を実際の落語で演じてもらうことです。

これは当館にとって、初めての試みとなりますが、近隣の福祉施設などで活躍されています「噺の会じゅげむ 小倉出張所」の山椒家小粒様に全面的にご協力をいただき、開催することができました。山椒家小粒様には、この場を借りまして、改めて御礼申し上げます。

 

さて、本日は、古典落語の定番「寿限無」を題材としましたが、開演前からたくさんのチビッ子が会場となる「おはなしのおうち」に集まってくれましたよ。

 

まずは、私が川端誠さんの落語絵本「じゅげむ」の 読み聞かせを行いました。 私の下手な読み聞かせに関わらず、 チビッ子の皆さんは一生懸命聞いてくれました。 ありがとうございました。

まずは、私が川端誠さんの落語絵本「じゅげむ」の読み聞かせを行いました。
私の下手な読み聞かせに関わらず、チビッ子の皆さんは一生懸命聞いてくれました。
ありがとうございました。

 

 

 

 

続いて、皆さんお待ちかねの山椒家小粒さんの登場です。小粒さんには、実際に落語で「寿限無」を演じていただきました。

まずは、落語についてのお勉強です。 落語は、小道具を使ってて、色々な動作を演じますが、 さあ、小粒さんは何をしているところでしょう?

まずは、落語についてのお勉強です。
落語は、扇子や手ぬぐいなどの小道具を使って、色々な動作を演じますが、
さあ、小粒さんは何をしているところでしょう?

 

続いて、「寿限無」を落語で演じていただきました。 小粒さんの楽しいお話にチビッ子たちは大喜びでした。

続いて、「寿限無」を落語で演じていただきました。
小粒さんの楽しいお話にチビッ子たちは大喜びでした。

 

皆さん、当館の初めての試みである「えほん寄席」は、いかがでしたか。

次回は更に面白い企画を立てて、小粒師匠にお願いしたいと思っていますので、ご期待くださいね!(館長 古川)

「ボランティアたんぽぽ」によるスペシャルなお話会

9月は、図書館バースディ月間と銘打ち、ボランティアのみなさんによる「スペシャルおはなし会」や他にもたくさんのイベントを用意しました。

まず、第1土曜日の14:00~は、ボランティア「たんぽぽ」によるお話会を開催しました。

resize21621

ちびっこも手袋をして、一緒に参加です

resize21622

ポケットにクッキーをかたづけています

 

resize21620

おはなしのお家の外には、たくさんのちびっこが。

このように「おはなしのお家」の外でもちびっこたちがお話会をしっかりと聞いていたり、お話会に参加してくれたりしてましたよ。

9月のバースディ月間は、いつも図書館で活躍しているボランティアのみなさんがスペシャルなお話会をします。

次回のイベントは、9月10日(土)となります。「ともしび」11:00~・「言の葉」大人向けお話会14:00~・「絵本ミュージカル」14:30~となっています。みんさん!必ず遊びに来てくださいね。(図書館員i)

図書館の世界

夏の暑さも和らぎ、鈴虫がなく声が心地いい季節になりました。朝夕も涼しくなり、ちょっと一息つけるようになりましたね。

さて、今回は、みなさんにいつもご利用いただいている図書館について関連する資料を展示してみました。

題して、『図書館の世界』です。

 

今月の展示架は「図書館の世界」です。

今月の展示架は「図書館の世界」です。

 

 

 

 

世界の美しい図書館、映画の舞台に使われた図書館、物語に出てくる図書館・・・。そこは、たくさんの本に出会う場所、私だけの時間を与えてくれる場所。図書館って、なんてわくわくする場所なんでしょう。秋の気配を感じながら図書館で楽しいひとときをお過ごしください。

世界の美しい図書館など、図書館について書かれている様々な本を<br />集めてみました。

世界の美しい図書館など、図書館について書かれている
様々な本を集めてみました。

 

 

 

それから。もうひとつ!水巻町図書館・歴史資料館が今年で16歳になりました。

開館から16年目を迎えました当館の年表を展示してみました。 また、平成17年に子ども読書活動の優秀実践館として、表彰された表彰状も展示しています。

開館から16年目を迎えました当館の年表を展示してみました。
また、平成17年に子ども読書活動の優秀実践館として、
表彰された表彰状も展示しています。

 

 

みなさんの温かいご支援、また当館を支えてくださっているボランティアのみなさんに、職員・スタッフ一同、心から御礼申し上げます。そして、これからも日々成長を続ける当館をよろしくお願いいたします。(スタッフH)