Daily Archiv: 土曜日 - 15 10月 2016

癒しのハープコンサート

本日14時30分より、ピア・ハーモニーの皆さんによります「ハープコンサート」が行われました。

このハープコンサートは、昨年の9月に一度開催させていただきましたが、大変好評を博し、再度の開催望む声が多く寄せられたこともあり、今年で2回目となります。

昨年もこのブログでご紹介させていただきましたが、ピア・ハーモニーの皆さんは、2009年に結成され、近郊の老人施設や学校などをまわって、ハープの素晴らしさを伝える活動を精力的に行っておられ、ヤマハ音楽振興会より「地域音楽活動支援の対象」として認定を受けられています。

今回も大変ご多忙の中、こちらの無理なお願いを聞いていただき、当館において演奏していただいた次第です。

会場となった視聴覚ホールは、開演前からすでに満員となり、来場された小さなお子様からお年寄りまでの多くのお客様をハープの優しい音色で魅了していただきました。

 

今回も開演前から、多くのお客様で満席状態。 今回もこのコンサートの期待度の高さを伺わせます。

今回も開演前から、多くのお客様で満席状態。
今回もこのコンサートの期待度の高さを伺わせます。

 

 

ピア・ハーモニーの代表の渡邊三和子さんです。 ハープについて、詳しく説明していただきました。

ピア・ハーモニーの代表の渡邊三和子さんです。
ハープについて、詳しく説明していただきました。

 

 

来場された皆さんは、目を閉じてハープの優しい音色に聞き入っていました。 前列付近に座っていた赤ちゃんは、スヤスヤ眠っていたくらいです。

来場された皆さんは、目を閉じてハープの優しい音色に聞き入っていました。
あまりの心地よさに、前列付近に座っていた赤ちゃんは、スヤスヤ眠っていたくらいです。

 

 

ひときわ目立つグランドハープです。 このハープが奏でる音色の美しさに驚きました。

ひときわ目立つグランドハープです。
このハープが奏でる音色の美しさに驚きました。

 

 

昨年に引き続き、アニメ「千と千尋の神隠し」で知られている「いつも何度でも」をハープによる弾き語りを演じていただきました。 ハープの音色と渡邊さんの歌声がすごくマッチしていました。

昨年に引き続き、アニメ「千と千尋の神隠し」で知られている「いつも何度でも」をハープによる弾き語りを演じていただきました。
ハープの音色と渡邊さんの歌声がすごくマッチしていました。

 

 

終盤の子守唄のメドレーの前に司会の杉本さんが絵本「みんなのこもりうた」の読み聞かせをしていただきました。 コンサート後、杉本さんに読んでいただいたこの絵本を寄贈していただきました。 ありがとうございました。

終盤の子守唄のメドレーの前に司会の杉本さんが絵本「みんなのこもりうた」の
読み聞かせを演じてくれました。
コンサート後、杉本さんにこの絵本を寄贈していただきました。

 

 

最後は、会場の皆さんとハープの伴奏で「ふるさと」を歌いました。 私も思わず大きな声で歌ってしまいました。

最後は、会場の皆さんとハープの伴奏で「ふるさと」を歌いました。
私も思わず、オンチな声で歌ってしまいました。(すみませんでした)

 

 

コンサート後、ピア・ハーモニーの皆さんのご好意で ハープを触らせていただきました。 普段間近で見ることができない楽器なので、皆さん、大喜びでした。

コンサート後、ピア・ハーモニーの皆さんのご好意で
ハープを触らせていただきました。
普段間近で見ることができない楽器なので、皆さん、大喜びでした。

 

今年も大変盛り上がったコンサートになり、来場された皆さんは、大満足でした。

ピア・ハーモニーの皆さん、ありがとうございました。

また、ピア・ハーモニーの皆さんのご都合が合えば、お呼びしたいと考えています。

その際は、よろしくお願いします。(館長 古川)