Monthly Archiv: 12月, 2017

「セカンドブック」新一年生に本の贈り物

季節はまだ冬ですが。木の芽は春の準備をしています。桜が咲くころに入学を迎える子どもたちへの本のプレゼント。セカンドブックの展示架が今年もできました。

平成30年度の「セカンドブック」の展示架です。

平成30年度の「セカンドブック」の展示架です。

 

 

水巻町では、子ども読書活動の一環として、親子のふれあいや子どもたちの心の豊かな成長を願って、7ヶ月と1歳6ヶ月、3歳の乳幼児に絵本をプレゼントする「ブックスタート」事業を行っています。

さらに、平成21年度から町内の小学校に入学する新一年生のみなさんに本をプレゼントする「セカンドブック」事業を行っています。

 

 

新一年生のみなさんこのリストの中から事前に選んでいただいた本を入学式当日にプレゼントします。

新一年生のみなさんにこのリストの中から事前に選んでいただいた本を入学式当日にプレゼントします。

 

 

 

本は子どもの心へのプレゼント。スタッフが「入学おめでとう」の気持ちを込めて選んだ20冊の本を、今年も展示しています。すべて所蔵は2冊ずつあります。1冊は貸出できます。館内シールのある1冊は、見本となりますので、館内でご覧ください。ぜひ、ご家族で手に取ってお選びください。大切な1冊に出会えますように!(スタッフN)

癒しの調べ 「林 佑希乃さん」のピアノミニコンサート

本日午前11時30分より当館のエントランスホールで、新鋭のピアニスト「林 佑希乃さん」のピアノミニコンサートを行いました。

林さんは、北九州在住の方で、現在北九州市及び近隣で精力的に音楽活動をされている今、注目の新鋭ピアニストです。事前の告知等は何も行っていなかったのですが、林さんの演奏が始まると、多くの方々が集まって来られ、用意した椅子があっという間に満席となりました。

今日は、ショパンのノクターンなどクラシックの名曲を中心に弾いていただいたのですが、林さんが奏でる優しく、またエレガントなピアノの調べに、館内は癒しの空間となっていましたよ。

 

今、注目の新鋭ピアニスト「林 佑希乃さん」です。

今、注目の新鋭ピアニスト「林 佑希乃さん」です。

 

 

今回、私が無理を言って演奏をお願いしたのですが、今後も林さんの日程が合えば、図書館に来ていただき、癒しの空間を作ってくれるとのことでした。次の演奏日が決まり次第、また皆さんにお知らせしたいと思っていますので、ご期待ください。

林さん、ご多忙の中、本当にありがとうございました。(館長 古川)

 

 

ありがとう、小粒さん!歴史資料館寄席を開催しました。

先日の12月10日(日)14時から当館視聴覚ホールにおいて、歴史資料館寄席を開催しました。

前回のブログでお話ししましたが、3年間に渡り、当館で開催した寄席にご協力いただきました「噺の会じゅげむ 小倉出張所」の代表、山椒家小粒さんが12月末を以て、奥様の小雪さんのご実家があります福島県に移住されることになりました。

そのことを前回の寄席が終わった後、小粒さんよりお聞きして大変ショックを受けましたが、前々から小粒さんにお願いしたかった水巻についての創作落語の作成と高座の開催を思い切ってお願いしたところ、気持ちよくご承諾いただき、今回の開催に至りました。この時の様子を少しだけみなさんにご紹介します。

 

前回に引き続き、満員となりました。 ありがとうございました。

前回に引き続き、満員となりました。
ありがとうございました。

 

 

 

最初に歴史資料館の学芸員である「Oさん」より、皆さんに知っていただきたい水巻町の歴史を説明させていただきました。 来場された皆さんは知らなかった水巻町の歴史にびっくりされていました。

最初に歴史資料館の学芸員である「Oさん」より、皆さんに知っていただきたい
水巻町の歴史的な史跡などを 説明させていただきました。
来場された皆さんは食い入るように説明を聞いていました。

 

 

 

 

Oさんの10分程度の説明のあと、本日の真打、小粒さんの登場です。 会場からは「待ってました、小粒!」と、威勢の良い掛け声があがり、一気に盛り上がりました。

Oさんの10分程度の説明のあと、本日の真打、小粒さんの登場です。
会場からは「待ってました、小粒!」と、威勢の良い掛け声
があがり、会場が一気に盛り上がりました。

 

 

 

 

水巻町の特産品である「でかにんにく」やコスモスなどを織り交ぜた小噺で水巻町をPRしていただいた後、本日の演目である創作落語「水巻物語」のお披露目です。立屋敷にある県指定文化財の「大イチョウ」や「夫婦イチョウ」、与四郎地蔵など、後世に伝えたい水巻町の歴史をちりばめた素晴らしい創作落語に来場された皆さんもうなっていました。 本当に素晴らしかったです。

水巻町の特産品である「でかにんにく」などを織り交ぜた 小噺で水巻町をPRしていただいた後、 本日の演目である創作落語「水巻物語」のお披露目です。
立屋敷にある県指定文化財の「大イチョウ」や「夫婦イチョウ」、 「与四郎地蔵」など、 後世に伝えたい水巻町の歴史を 随所にちりばめた 素晴らしい創作落語に 来場された皆さんも感動してました。 本当に素晴らしかったです。

 

 

 

 

小粒さん渾身の高座の後、 恒例となったクイズ大会です。 今回は、水巻について」のクイズを何問か出題しました。 少し難しかったかな。

小粒さん渾身の高座の後、 恒例となったクイズ大会です。
今回は、水巻についてのクイズを何問か出題しました。
少し難しかったかな。

 

 

 

 

クイズ大会の後、小粒さんに再登場していただき、見事な髪切り芸を披露していただきました。 作った作品は、来場された皆さんにプレゼントしていただきました。

クイズ大会の後、小粒さんに再登場していただき、
見事な紙切り芸を披露していただきました。
完成した作品は、来場された皆さんにプレゼントしてくれましたよ。

 

 

 

 

髪切り芸の後、三年間の感謝を込めて、スタッフから小粒さんと陰で支えていただいた奥様の小雪さんに花束を贈らせていただきました。

紙切り芸の後、三年間の感謝を込めて、スタッフから小粒さんと陰で支えていただいた奥様の小雪さんに花束を贈らせていただきました。
会場からは割れんばかりの拍手が!

 

 

 

終了後、小粒さんと奥様の小雪さんとの記念撮影です。 会場に遊びに来ていただいた北九州が生んだ詩人、「故みずかみかずよさん」の娘さんの「みずかみさやかさん」も加わっていただきました。

終了後、小粒さんと奥様の小雪さんとの記念撮影です。
会場に遊びに来ていただいた北九州が生んだ詩人、「故みずかみかずよさん」の娘さんの「みずかみさやかさん」も加わっていただきました。

 

終了後、来場された皆様は、「すごく面白かったね。」と笑顔で会場を出られたのが印象的な素晴らしい寄席でした。

小粒さん、本当にありがとうございました。

小粒さんと奥様は、今月いっぱいまで北九州近郊の様々なところで活動をされ、福島県に移住されるとのことです。

移住された後、いまだに震災で苦しんでおられる方々のために、落語を披露し、福島の方々に笑顔を取り戻していただく活動を精力的に行っていくと、小粒さんと奥様の小雪さんは、笑顔で話していただきました。

当館も微力ながら、小粒さんと奥様の活動をお助けできればと思っています。

最後に、三年間の感謝を込めて、「ありがとう!小粒さん。」    (館長 古川)

「赤ちゃんと楽しむお話会」を開催しました

 第2水曜日の1100からは、いつもたくさんのかわいい赤ちゃんが大集合してくれるイベント「赤ちゃんと楽しむお話会」を開催しました。寒い中、たくさんの赤ちゃんが集合してくれましたよ。

本日も手遊びや絵本の読み聞かせ、音あそびと内容盛りだくさんのお話し会でした。

IMG_178

赤ちゃんも集中していますね

IMG_0172

赤ちゃんと一緒に手遊びですよ

寒い日が続きますので、風邪をひかないように気を付けてくださいね

次回は、110日(水)1100~となります。新年もたくさんの赤ちゃんがおはなしのお家に集合してくれることを楽しみに待っていますよ~。(図書館員 i)

 

 

ちょっぴり早いクリスマスプレゼント!クリスマスファンタジア

12月3日(日)、毎年恒例となったクリスマスファンタジアを開催しました。

クリスマスファンタジアとは、当館などで活躍されているボランティア団体のみなさんが一堂に会し、紙芝居やパネルシアター、ブラックシアターなどを演じていただきますスペシャルなお話し会です。

この日も会場となった視聴覚ホールは、たくさんのちびっこのみなさんにご来場していただき、大入り満員!

開演前から熱気でムンムンしてました。

さて、今年はどんなお話のプレゼントがあったかな?

 

 

今年もサンタさんが図書館に来てくれました。 今回は新人トナカイの加トちゃんを連れて来てくれました。

今年もサンタさんが図書館に来てくれました。
今回は新人トナカイの加トちゃんを連れて来てくれました。

 

 

 

トップバッターは、「ともしびの会」のみなさんにペープサートで「てんぐとかっぱとかみなりどん」を演じていただきました。 とても楽しいお話でしたよ。

トップバッターは、「ともしびの会」のみなさんにペープサートで「てんぐとかっぱとかみなりどん」を演じていただきました。
とても楽しいお話でしたよ。

 

 

 

続いて、「ピノキオ文庫」のみなさんに「イグアナレストラン」をパネルシアターで演じていただきました。 かわいい動物たちがたくさん登場し、ちびっこたちは大喜びでした。

続いて、「ピノキオ文庫」のみなさんに「イグアナレストラン」をパネルシアターで演じていただきました。
かわいい動物たちがたくさん登場し、ちびっこたちは大喜びでした。

 

 

10分間の休憩の後、00ぷらのみなさんに手作りの大型紙芝居で 「みにくいあひるのこ」を演じていただきました。

10分間の休憩の後、「ぷぷら」のみなさんに手作りの大型紙芝居で
「みにくいあひるのこ」を演じていただきました。

 

 

最後は、たんぽぽのみなさんに「星のクリスマス」を ブラックシアターで演じていただきました。 鮮やかに浮かび上がるきれいな絵にちびっこたちもびっくりです。

最後は、「たんぽぽ」のみなさんに「星のクリスマス」を
ブラックシアターで演じていただきました。
鮮やかに浮かび上がるきれいな絵にちびっこたちもびっくりです。
(画像がピンボケですみませんでした。)

 

 

 

エンディングは、本日出演していただいたボランティア団体のみなさんに再登場していただき、 会場のちびっこのみなさんと一緒に「あわてんぼうのサンタクロース」を歌いました。

エンディングは、本日出演していただいたボランティア団体のみなさんに
再登場していただき、 会場のちびっこのみなさんと一緒に
「あわてんぼうのサンタクロース」を歌いました。

 

 

 

 

この日はその他にも「朗読の会 言の葉」のみなさんによります「大人のための朗読会」や「折り紙ボランティア水巻」のみなさんによりますクリスマスをイメージした折り紙作品の展示もあり、盛りだくさんの内容でした。

 

折り紙ボランティア水巻のみなさんによるクリスマスをイメージした素敵な作品です。 この作品は、今月の24日まで展示していますので、ご来館の折は、ぜひご覧ください。

「折り紙ボランティア水巻」のみなさんによるクリスマスを
イメージした素敵な折り紙の作品です。
この作品は、今月の24日まで展示していますので
、ご来館の折は、ぜひご覧ください。

 

 

今年のファンタジアいかがでしたか。お気に入りお話のプレンゼントはあったかな。

来年も楽しい企画を用意しますので、また遊びに来てくださいね!

最後にご協力いただいたボランティアのみなさん、あがとうございました。

本日出演いただいたボランティア団体のみなさんには、図書館で定期的にお話し会を開催していただいていますので、そちらにも遊びに来てくださいね。(館長 古川)