Daily Archiv: 日曜日 - 24 5月 2020

つながる読書 『希望の図書館』

 

ウィルスと共存する新しい日々が始まろうとしています。子どもたち(もちろん大人もですが)に、読んで心が動くような本を紹介できるのを楽しみにしています。

 

今回ご紹介するのは、リサ・クライン・ランサム作の『希望の図書館』です。高学年から中学生向けの児童書です。

『希望の図書館』                            リサ・クライン・サンサム 作   松浦直美 訳    ポプラ社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、装丁がとても美しいです。装画を手掛けているのは酒井駒子さん。10歳くらいに見える黒人の少年が、本を手に持ち、遠いところを見つめています。からだつきはきゃしゃですが、目には強い意思の光があります。字は大きめで行間もゆったりしているので読みやすいです。

 

1946年のアメリカ。主人公のラングストンは、最愛の母を病気で亡くし、父とふたりでアメリカ北部の街シカゴへやってきます。

母の愛情と豊かな自然に囲まれていたアラバマでの生活が、一転してきゅうくつなアパート暮らしへ。友だちもなく、居場所のないラングストンは、ある日の帰り道、 〈シカゴ公共図書館〉と書いてある建物に出会います。入るのをためらっているラングストンに、「ご案内しましょうか?」と声をかける司書の女性。

 

「読んでもいいんですか?」僕の声は女の子みたいに裏がえっていた。

「どれでも好きな本を、借りられますよ」と、女の人はやさしくいった。

…「どれでも好きな本」ぼくは、だれにいうともなくささやいて、棚から何冊か本を取り出し、テーブルについた。

 

図書館に通うようになり、ラングストンの孤独な時間は、読書する喜びの時間に変わって行きます。自分と同じ名前の、ラングストン・ヒューズという詩人を知ります。そして、詩を読む喜びとともに、自分の名前にこめられた、亡き母の深い愛情を知ることになるのです。

 

図書館には、ラングストン・ヒューズの詩集もあります。また、ラングストン・ヒューズの詩にE・B・ルイスさんが絵を描いた、『川のうた』という絵本もあります。

IMG_0009

『ラングストン・ヒューズ詩集』 木島始訳 思潮社                      『川のうた』 E・B・ルイス絵 さくまゆみこ訳       光村出版図書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『希望の図書館』というタイトルは、内容にぴったりの訳だと思いました。ラングストンは、図書館で読書することを知り、自分の人生を切り拓いていきます。多様で豊かな世界を知ります。読書はつながっていく。図書館は希望を生み出す場所。おすすめの1冊です。 (スタッフYN)