秋の夜長のおともに

10月にはいって暑さもやわらぎ、いよいよ本格的な秋の訪れを感じます。

近頃は日が落ちるのもはやくなり、六時ごろにはもう空は真っ暗で、秋の夜長という言葉が頭に浮かんできます。そんな長い夜をみなさんいかがお過ごしでしょうか。

秋はどうやら天体観測に向いた時期だそうです。わたしも私事ですが、最近星をすこし観る機会があって、澄んだ空気と高い空に輝く星に感動しました。

そこで今月の展示架は12日に行われる星空観望会にも合わせまして、『星と神話』というテーマで本を集めています。

IMG_0006s

なんとなく眺めているだけでも充分に楽しいですが、今年はすこしもっと深いところまで見上げてみませんか。

 

合わせて、児童の展示架は『くうねるところにすむところ』IMG_0018s

いろんな『家』が載った本を展示しています。

「こんな家あるわけないよ!」「こんなかわいいおうちにすみたいな!」なんて家での親子の会話になれば幸いです。

 

10月27日から11月9日は秋の読書週間です。みなさん素敵な読書の秋が過ごせますように願っています。(スタッフH)

癒しのミニコンサート

現在開催中の大貝弥太郎遺作展の関連イベントとして、10月6日(日)にミニコンサートが開催されました。小さな会場でしたが2回行われた公演はどちらも立見が出るほど盛況ぶりで約130人の観客が美しい音色に耳を傾けました。このミニコンサートは、郷土の画家である故大貝弥太郎さんと温子夫人、そして、その作品を紹介する活動に関わってきた方々に共感した、水巻町在住のご夫婦ユニット「DUO アランフェス」がふるさと水巻のために何か役立ちたいという思いから実現したものです。

ヴァイオリンの佐藤京子さん、ギターの新さんにより「さとうきびばたけ」「サンドオブサイレンス」「美女と野獣」といったお馴染みの曲が奏でられました。終盤の「椰子の実」や「浜辺の歌」などでは会場のみなさんが一緒に口ずさむ場面もあり、会場はとても和やかな雰囲気に包まれ贅沢なひと時を満喫しました。演奏も素晴らしかったのですが、優しいまなざしのお二人はとても素敵なご夫婦でした。(館長)IMG_8269s

大貝彌太郎遺作展開催中!10月20日まで。

10月2日から「大貝彌太郎遺作展PART1」がはじまりした。

大貝さんは、水巻町猪熊出身で、東京美術学校を出た後、長崎県の旧制中学校の教諭として赴任し、五島や諫早の風景や息子や同僚を描いたスケッチなど多くの作品を残しました。しかし、戦後間もなく病に倒れ38歳という若さで亡くなりました。大貝さんが亡くなった後、温子夫人は、彌太郎さんの故郷の水巻町猪熊に戻り、子育てをしながら、生涯をかけて、たくさんの大貝作品を守り抜きました。温子夫人の並々ならぬご苦労が偲ばれます。

今回はその中の一部が公開されたのですが、半世紀以上前に描かれた絵とは思えないほど鮮やかで透明感のある素晴らしい作品ばかりです。10月20日まで開催されています。どうぞ、お誘いあわせの上ご来館ください。  (館長)IMG_0035s

IMG_0029s

大貝さんの代表作、この「飛行士兵立像」(複製)は、長野県上田市の戦没画学生慰霊美術館「無言館」に所蔵してあるものをお借りしました。しばしの間の里帰りです。

図書館まつり 2日目

 ●  ピノキオ文庫のみなさんによる、エプロンシアターやパネルシアターです。IMG_0181sIMG_0194-02s

●ぷぷらのみなさんによる大型絵本の読み聞かせです。IMG_0216s

●視聴覚ホールでは、イケメンお兄さんのふくちゃんによる歌遊びで盛り上がりました。

IMG_0247s

今年の図書館まつり、2日間の来館者は2,230人。

たくさんのご来館ありがとうございました。

図書館まつり 1日目

9月7日(土)と8日(日)は図書館まつり。

ブックリサイクルやピアノ演奏、人形劇、お話会、おりがみ教室などの行事が盛りだくさんです。     

     IMG_6552s

●ブックリサイクル

 利用者さんからいただいた本や図書館で古くなって使わなくなった本や雑誌などを無料で提供しました。用意した約3000冊は瞬く間になくなっていきました。

IMG_0026s

●渡辺博さんによるピアノ演奏です。馴染みのクラッッシクナンバーが披露されました。

IMG_0058s

●おりがみボランティア水巻の展示会、おりがみ教室も大盛況。

みんなで「くまもん」を折りました。

IMG_0051sIMG_0068sIMG_0207-02sIMG_0076s

●ともしびの会のみなさんによるお話会、読み聞かせです。

IMG_6560s IMG_6572s

●「大人対象の朗読会」も開催されましたよ。(byボランティア言の葉さん)

IMG_6603s

●布絵本で遊ぼう。

おはなしのお家では、布で作ったいろいろなおもちゃでみんな仲良く遊んじゃいました。

IMG_0110s

●ボランティア団体「たんぽぽ」さんによる、人形劇、読み聞かせの世界に子どもたちは引き込まれました。

IMG_0097sIMG_6635sIMG_6676s

明日の行事も楽しみです。ふふふ・・・。

リサイクル本、海を渡る。

図書館では、保存期間が切れた雑誌や新聞、除籍(廃棄)した本、利用者からの寄贈本などで図書館に受け入れができなかった本などを、リサイクル本として、他の施設や学校、町民のみなさんに譲渡しています。

このたび、ニューヨーク州のブルックリン日本人学校の先生からのご要望で、リサイクル本を一箱分寄贈しました。一度は図書館で役目を終えた本ですが、アメリカの日本人学校の子どもたちの教材として再び活用されます。

IMG_0078s

8月の展示架

こんにちは。

毎日うだるような暑さが続いていますが、みなさん、熱中症にはくれぐれも気を付けてくださいね。私は、干し梅を食べて塩分を補給しています!

さて、8月の図書館では戦争の本を集めて展示しています。

その目玉となるのが、シリーズ『戦争×文学』です。

日清日露戦争から現代まで100年以上の歴史の中から、戦争をテーマにした作品が収録されています。短編作品が中心なので読みやすい内容ですよ!古今の作家がとらえた戦争のすがたをぜひご覧あれ!

スタッフH

resize0044

 resize0040

resize0041

 

真夏のJ-POP

館内に、CHIKAさんによる爽やかなピアノの音色が流れます。今回の曲目は、真夏のJ-POPと題して「涙そうそう」や「Forever Love」など誰もが一度は耳にした曲ばかり。

CHIKAさんの演奏は、毎月、第1、第3水曜日の11時30分から行っています。

次回は、8月21日です。

ぜひ、涼しい図書館で読書とともに軽音楽を楽しんでみませんか?

resize0036

Welcome Mizumaki Library!

気持ちよく晴れた夏の今日、オランダからはるばるホームステイの中学生が、十字架の塔献花あとに、図書館を訪れてくれました。

はじめて見るであろう日本の図書館第一号が、この水巻町の図書館であることがとても光栄です。

resize0001resize0002

 昨日来日して10日間、滞在してホストファミリーのみなさんと交流を深める予定だそうです。ぜひ、日本の素敵なところをたくさん観て、オランダへ帰ってほしいですね☆

 

彼らの残りの滞在が素晴らしいものになりますように!(スタッフH)

 

新しいコーナーができました。

特別整理期間中に3つの新しいコーナーができました。

 

1.自然科学コーナー

子どもから大人まで楽しめる自然科学系の図書を集めました。
カーペットを敷いていますので靴を脱いでゆっくりおくつろぎください。
大きな図鑑も床に広げてみることができます。resize0007

 

2.時代小説コーナー

図書館の一番奥に、時代小説ファンにはたまらないコーナーができました。

そこに息づくのは今は見られぬ日本の姿。

resize0008

 

3.新書コーナー

図書館は、本の内容で分類されて配架されているのが一般的ですが、
「新書が読みたい」など内容ではなく本の形体で探すには少し不便でした。
今回、いろいろな棚に混じっていた新書形体の本をすべて集めて一つの棚に移動しました。
大きな本に埋もれて人目に付きにくかった新書たちが、皆さんの目に止まるのを待っています。

resize0005